お金を貯めたければ、必要最低限の出費以外は、お金を使ってはいけないのは当然のこと。でも、毎日買い物に行くたびに1円でも安いものを選んでいるはずなのに、なぜかお金が貯まらない……。それもそのはず。そもそも「毎日買い物に行く」こと自体が、あなたを浪費体質にしている一因かもしれない。

 そうした中で、最近話題の節約術のひとつが「ノーマネーデー、略してNMD」だ。その名の通り、「1円もお金を使わない日」のことだ。その日は現金はもちろん、クレジットカードや電子マネー、ポイントなどによる支払いを一切しないのがルール。

 それも“たまたま使わなかった”ではなく、意識して続けることで、浪費の改善と貯蓄に効果てきめんだという。(「ノーマネーデー超実践術」全3回の1回目)

コーヒーのために毎日300円も使っていた

 夫婦で貯金0円から5年間で1000万円の貯蓄に成功した『貯金0円からのゆきこの貯まる生活』の著者で、3人の子供を育てるワーキングママのゆきこさんも、結婚当初は夫婦そろって浪費家だったという。

「もともとの食費は、夫婦2人で月7万〜8万円もしていました。週末のたびにショッピングモールで外食していただけでなく、ムダ遣いばかりしていました。私は毎日スーパーに立ち寄ってあれこれ食材やお菓子を買い込み、夫は仕事帰りにコンビニに寄って、お酒やつまみを買ってくるのが習慣でした。

 6年前、妊娠を機に“これではまずい!”と家計を見直し、NMDを実践してみたら、1年ほどで食費や日用品費が半分に減りました。いまでは5人家族で、食費は月2万〜3万円です」

 家計再生コンサルタントの横山光昭さんは、毎日買い物をする習慣がある人には完璧主義者が多いと話す。

「食材が1つでも足りないとすぐスーパーに行くなど、買い物の頻度が高いと、“足りなくなったら困るから”と、本当はなくてもいいものまでついで買いしやすい。そこで、買い物の回数を減らすために、あらかじめお金を1円も使ってはいけない日をつくるのです。多くの場合、週に1日からでいい」

 買い物に行く回数を減らせば、当然お金を使うことも減る。だが、ただ買うのをがまんすることと、いったい何が違うのだろうか。

 横山さんは、NMDの効果の神髄は、ただ出費を減らすことにあるわけではないと言う。

「NMDを実践すると、自分の浪費のくせがわかります。たとえば、NMDと決めた日に、いつものように自動販売機で飲み物を買おうとしたり、なんとなくカフェに入ろうとしたりしたときに、“今日はNMDだ”と気づきます。そして、同時に“水筒を持てばいいのに、コーヒーのために毎日300円も使っていたのね”と、自分が何にムダ遣いしがちなのか見える化できるのです。

 吟味してお金を使う習慣が身につくので、自然とムダ買いしなくなる。NMDによって、つい買い込みがちな食料品や日用品などを吟味できるようになって、月々2〜3割程度は自然と節約できるようになる人が多い」

 実践するだけで、勝手に節約体質に生まれ変わることができるのだ。

※女性セブン2020年9月16日号