ハンバーガーやフライドチキンなど、いまや私たちの食に欠かせない存在となったファストフードチェーン。その歴史は古く、約半世紀をかけて浸透しながら、日本の食文化の発展を支えてきた。コロナ禍で、自由に飲食店でワイワイ食事を楽しめないいまこそ、そんなファストフードの歴史と魅力を振り返ってみよう。

『日本外食全史』(亜紀書房)の著者であり、作家で生活史研究家の阿古真理さんは、こう話す。

「戦後の外食史は1970(昭和45)年が“外食元年”とされます。まだ海外旅行が遠い世界だったこの年に大阪万博が開催され、各国のパビリオンに併設されていたレストランで、コーラやハンバーガー、フライドチキン、インド料理などを初めて食べた日本人が多くいました」

 米国のファストフード店が、日本に初登場したのも1970年。大阪万博に出店した『ケンタッキーフライドチキン(KFC)』だ。

 1969年の第二次自由資本化という規制緩和で、自由化の対象に外国資本の外食も入り、米国ファストフードチェーンの日本参入が可能になった。『香雪社』代表で、食の専門サイト『Food Watch Japan』編集長の齋藤訓之さんが話す。

「米国で成功していたKFCは、大阪万博に出店した実験店でも好調な売り上げを記録。翌1971年には名古屋に郊外型ショッピングセンターの1号店を出店し、華々しくデビューを飾るはずでしたが、実際は予想外の大苦戦。郊外を狙うには時期尚早だったのです」

「マクドナルド」幻の1号店計画

 ハンバーガーチェーンが日本に登場したのも1970年のこと。なかでも鮮烈なインパクトを与えたのが、1971年7月20日に『銀座三越』(東京)1階にオープンした『マクドナルド』だ。

「日本の流行が生まれる銀座に1号店を出店したのは創業者の藤田田の考えで、ハンバーガーの知名度がほぼない“米と魚の国”日本に、新しい食文化を根付かせるためでした。本国の方針とは別に進めた大胆なアイディアでした」(同社広報・當山心さん・以下同)

 銀座出店の陰には、こんなエピソードがある。

「実は1号店は、神奈川県にあった『パシフィックホテル茅ヶ崎』(現在は閉鎖)の隣接地に出店される予定でした」

 車社会の米国に倣って、茅ヶ崎が出店地に選ばれたわけだが、日本のモータリゼーション化はまだ発展途上。銀座出店の交渉が決まると、茅ヶ崎1号店は幻と化したという。

「とはいえ、銀座店オープンには、大きなハードルがありました。わずか39時間で新店舗を設営しなければならなかったのです」

 与えられた時間は、日曜の夕方から火曜の開店時間(9時)までの39時間のみ。この時間内で電気・ガス・水道の工事を行い、厨房・カウンター付き店舗を完成させねばならなかった。そこでヒントとなったのが、短い幕間に舞台装置を変える大道具さんの早業。綿密な作業手順を立てて予行演習を繰り返し、36時間で組み立てに成功。開店2日前まで影も形もなかった場所に1号店を出店することができたという。

 当時、ビッグマックの値段は200円(現在390円)。翌年10月には日商222万円の世界記録を樹立。現在の日本国内の店舗数は、2932店となっている(2021年7月末現在)。

 実は日本初のハンバーガーショップは、『マクドナルド』の出店より1年早い1970年に東京・町田で開店した『ドムドムハンバーガー』だった。1972年には『モスバーガー』と『ロッテリア』も参入し、和製バーガーチェーンが独自色で話題を集める。以降、多くのチェーンが続々と参入し、ハンバーガーは約1兆円規模の巨大市場に成長している。

24時間営業の立ち食いそば屋チェーン

 ファストフードには、ハンバーガーやフライドチキンだけでなく、牛丼、カレー、回転寿司、そば、うどん、ラーメンも含まれる。そんな中、多忙なビジネスマンや学生に重宝されて増えてきたのが『名代富士そば』などのそばチェーンだ。

『富士そば』の前身『そば清』の創業は1966年。現在の運営会社『ダイタンフード』としての1号店は1972年開業の渋谷店。椅子はなく、5人も入れば満員という15平方メートルの狭小店で、創業当時の値段は、かけそば40円(現在310円)、天玉そば60円(現在500円)だった。

「24時間営業の立ち食いそば屋チェーンとしては、うちが元祖です。そば粉が4割のそばを使うのは、麺がのびにくい立ち食いそば屋としての黄金比だから。ただ、立ち食いそば屋と称しながら、いまは椅子のない店舗は1店舗のみ。女性客が増え、テーブル席も増やしています」(ダイタンフード広報・工藤寛顕さん)

 日本には、バラエティ豊かなファストフード店が数多く展開しているのだ。

※女性セブン2021年9月23日号