先行きが見えないコロナ禍に背中を押され、婚活意欲が増している人たちがいるという。人とのつながりが薄れ、これまで以上に孤独を感じやすくなったことも相まって、パートナー探しを始めた人もいるかもしれない。しかしその一方で、ますます結婚への関心が薄れたり、結婚しないと決めた独身男性もいるようだ。お金の問題だけではない、「結婚したくない」独身男性たちの思いとその価値観を聞いた。

一人暮らしに慣れすぎて他人との生活が想像つかない

 IT企業に勤める30代男性・Aさんは都内の私大卒で年収500万円、女性との交際もそれなりに経験してきた。交際中の女性に結婚を迫られることもあったが、Aさんは結婚する気にはなれなかった。

「結婚は自由とお金が制限されることが多いじゃないですか。今のところ、自分の好きな時に好きなことができないというデメリットを越えて、この人と結婚したいという人に出会っていないんだと思いますが、もはや一人暮らしに生活に慣れすぎて、他人がいる生活も想像できなくなりました」(Aさん)

 Aさんは、既婚者である大学時代の友人にそのことを話したところ、「ガキかよ」と笑われ、「結婚して子どもができなかったら、家族のためにお金や時間を使う喜びを味わうことができなかった。結婚は大変なこともあるけど、独身では味わえない醍醐味がある。やっぱり結婚しないと人間成長しない」と説かれた。

「それはそれでそうなんだろうな、と思いますが、結婚してこそ立派な人間、みたいな風潮は嫌いです。何を大切にするかは人それぞれの価値観だし、僕なりに将来のことはしっかり考えています」(Aさん)

 Aさんは最近始めた株式投資で資産を構築して早期リタイヤし、老後は「大好き」だという東南アジア諸国で暮らすことを計画しているそうだ。

両親が離婚、他人との接し方がわからない

「無理に結婚する必要はない」と考える人もいる。メーカーで働く20代男性・Bさんは、地方国立大卒で年収は400万円ほど。これと言って趣味はなく、自らのスキルアップのために英会話や仕事関連の本や資格にお金も時間も費やしている。そんなBさんは、「結婚は怖い」と言う。

「結婚は他人の人生を背負うことになります。いくら共働き、女性の社会進出が進んだといっても、なんだかんだ男性のほうが“大黒柱”扱いでしょ。この先行き不透明な時代、自分を幸せにすることだけでも精一杯なのに、妻子を幸せにできる自信はないし考える余裕もありません。人から何と思われようと、自己防衛で手一杯です。適齢期だから、将来の孤独死が怖いから、2人だと経済的に安定だから、みたいな理由で、“とりあえず結婚”するモチベーションはありません」(Bさん)

 Bさんがもう1つの不安要素として挙げるのが、「結婚すると簡単に別れられない」こと。Bさんは子どもの頃から冷え切った家庭環境下で育ち、両親が熟年離婚した経験がトラウマになっている。

「僕は自分が大学に入った頃、親が『もういいでしょ』とばかりに離婚しました。それまでの生活も、僕が寝ている隣の部屋で、両親が『子どもがいるから、別れるに別れられない』みたいなことでよく口論していて、僕はずっと『親ってなんなんだろう』と考えることも多かった。両親と仲良くどこかへ出かけた、というような記憶はほとんどありません。

 結局、父親がギャンブルや酒におぼれて借金、不倫に走って、耐えられなくなった母親が、僕の大学入学と同時期に離婚を突きつけたんです。信頼し合っていない2人が一緒に暮らすことの煩わしさに比べたら、1人でいる寂しさの方がマシ。何より、一緒に暮らす人との接し方がわからないというのが本音かもしれません」(Bさん)

「結婚に向いていないタイプは絶対ある」

 難関私大卒で、広告代理店で働く30代男性・Cさんは年収約900万円で仕事が大好きだと公言している。そんなCさんは「時代錯誤と言われるかもしれませんが……」と前置きしたうえで、こう語る。

「男性が家事や育児をして当たり前という風潮になりましたよね。それは素晴らしいことだと思います。でも僕は仕事に専念したいので、仮に結婚するとしたら、なんなら育児や家事にお金を払うから、僕は免除してほしい。結婚してから、家事や育児に協力的でないと愚痴られ続けられたくないので、そこは話し合いが必要でしょうね。結婚に向いていないタイプって絶対あって、僕は完全にそうだと自分で思っています」(Cさん)

 家事については、学生時代、居酒屋でのバイト経験から料理も掃除も「それなりにできる」と言うCさん。今は家事代行サービスに頼っているそうだ。そんなCさんを見かねて、結婚を勧める声も多いという。

「『結婚しないと人生後悔するぞ』とよく言われますが、私は結婚して仕事を妥協してしまった方がよっぽど人生を後悔すると思うんですよね。あと、『1回してみれば?』という謎のオススメも、まあまあ迷惑です(笑)」(Cさん)

 幸せの形は人それぞれで多様化している。結婚するのが当たり前という価値観は、もう古くなっているようだ。