地方都市に行くと、野菜や果物から現地の特産物まで、路上で様々なものを売っている人に遭遇する。都会ではあまり見られない光景だが、こうした「路上販売」が身近にある生活の良さについて、昨年11月に東京から佐賀県唐津市に移住したネットニュース編集者・中川淳一郎氏が考察する。

 * * *
 唐津に来てから路上販売が盛んなのにびっくりしました。唐津に家族で旅行に来た友人も、泊まっていたホテルのエントランス前で野菜や果物などの路上販売に遭遇したと言います。そのホテルでは定期的に「朝市」イベントを開催しているようです。

 実際、私がよく見かける路上販売はすごいと思うんですよ。まずは大量の野菜と果物をアーケードの下で売るお婆さんに遭遇し、その先にはヒジキを売るお婆さんがいる。さらにその先に行くと花を売る女性がいる。これが日常風景なのですが、季節によって売っているモノは変わります。初夏の頃は、ヒジキを売るお婆さんがウニも売っており、夏になると今度は梨を売るお婆さんが2人いる。

 どうも普段の様子を見ていると、こうした路上販売が、地元の人たちの「井戸端会議」の場所になっているようです。

 販売者の周りには、常連さんと思しき人たちを複数名見かけることが多いです。そして、最後には商品を購入する。翌日も販売者は同じ場所にいて、同じように談笑し、商品は次々と売れていく。朝通った時は大量の梨があったのに夕方にはほぼなくなっていたりもします。

 この梨売りお婆さんの場合は、大きくて形の良い梨はグラム単位で量って値段を決めていますが形が悪く小さいものは3つまとめて500円で売ってくれたりする。どちらがいいか迷うと「こっちの方がウマかよ」などと1つずつの方を勧めてきます。そして、重さを量ったうえで、「500円やけど半額の250円でよかよ」などと言って笑う。

 こんなやりとりを経験しているだけに、梨を食べた翌日に彼女と会うと自然と挨拶をするし「昨日はありがとね。うまかったと?」なんて聞かれたら「おいしかったです! 今日も買います!」となってしまうのです。

 多分、このお婆さんはこうして色々な人とコミュニケーションを取って梨を毎年売っているのでしょう。本当においしい梨です。

 そしてウニ売りのお婆さんですが、この人も多分固定のファンがついているのでしょう。ウニを路上で売るという珍しい体験をしていたので立ち止まって見ていたら、客のお婆さんが「アンタ、この人のウニはうまかよ。他の店で買うたらこの人の2倍以上はするわ」と言われました。

 このパックのウニ(写真)ですが、一体何十匹のウニを詰めたのか、というレベルで、2500円! しかも濃厚。恐らくこのクオリティのウニをスーパーで買ったら6000円ぐらいはすると思います。

 かくして毎日路上を歩く中、こうした魅力的な路上販売の人々に出会い、充実した消費生活を送れているのです。都会でもこうして路上で果物とか売っていたら買うんじゃないですかね? タイの首都・バンコクでは路上のキンキンに冷えたフレッシュフルーツ売りの人やら、オレンジジュース売り、パッタイ(タイ風焼きそば)売りの人がたくさんいるわけで、こうした商品はバンバン売れている。

 路上販売、許可の問題等はあると思いますが、もっともっと流行ってほしいと思います。売り手と買い手、両方の満足度がある売り方ではないでしょうか。

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):1973年生まれ。ネットニュース編集者、ライター。一橋大学卒業後、大手広告会社に入社。企業のPR業務などに携わり2001年に退社。その後は多くのニュースサイトにネットニュース編集者として関わり、2020年8月をもってセミリタイア。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。