一時は「若者のクルマ離れ」の深刻化が盛んに報じられていたが、コロナ禍での感染リスク低減の観点から、車移動があらためて注目されている。車を持っていると、周りの人から「乗せてほしい」と言われることもあるだろうが、何かと「便利屋扱い」されることにストレスを抱えている人たちもいるようだ。

 30代の男性会社員・Aさんは、恋人とのデートや移動のために、自分の車を使うことが多い。とはいえ、ガソリン代や高速代金、駐車場料金など、“経費”を一切負担してもらえないことがちょっとした不満だと漏らす。

「僕が支払って当たり前だと思っているというか。はじめのうちは『いつもありがとう』と言ってくれていましたが、そのうち一言もなくなってしまいました。世間的にはどうなのかなと思って友だちに聞いたら、ある程度払ってくれる女性や、飲食代を負担してくれるという女性もいて、ショックを受けました」(Aさん)

 とはいえ、Aさんは「彼女にガソリン代を出してもらいたい」と思っているわけではない。高速代、保険代、自動車税、車検代といった、マイカーを維持するための諸経費の存在を理解してほしいのだという。

「彼女は実家住まいで、いつも父親が運転する車で送り迎えが普通の環境で育ってきました。だから『ありがとう』で済んできたのでしょう。車の維持費について、深く知らないんだと思います。ただ、ガソリン代を半額払えとまでは言わないけど、お金も労力もかかっていることを少しは理解してほしい。『送迎されて当たり前』という感覚にちょっとモヤモヤしてしまいます」(Aさん)

複数の友人を家まで車で送る羽目に

 かつてバブル期には、移動時の足代わりに呼び出される彼氏のことを「アッシー君」と呼んでいたが、30代の女性会社員・Bさんは、姉や母親からアッシー扱いされることに、苛立ちを感じているという。

「母は免許をもっていますが、ペーパードライバー。姉は免許を持っていません。母親は70代と高齢なので理解できるのですが、問題は私の姉で……。買い物や個人的な用事、親戚の集まりなどで、いちいち送迎を要求してくるので、ほとほと嫌になります。一度『タクシーに乗ればいいじゃない?』と言ったら大ゲンカになりました。私だって自分の予定があるのに……」(Bさん)

 姉の態度は新型コロナの感染拡大でどんどんエスカレート。Bさんは「私の役割は、完全にタクシー+ウーバーイーツです」と嘆く。

「姉に『どこ行くの?』と聞かれて、場所を伝えると『そこの近くにおいしいお店あるからちょっと寄ってテイクアウトしてきてよ!』という具合に、飲食店のテイクアウトが要求されるようになったんです。ひどいときは、テイクアウトのために姉を乗せて店まで運転させられたうえ、帰りの車中で姉がそれを食べ始める始末。車内は食べ物のにおいが充満するうえ、こぼれたものなどの掃除も私がすることに……。いい加減にしてほしいですね」(Bさん)

 20代の男性会社員・Cさんは、免許を持っていない友だちが勝手に遊びのスケジュールを組んでしまうことに呆れている。

「自分は運転免許を持っていないのに、『車で行こうか』みたいな感じで、車移動が前提になっていることがよくあります。しかも、早朝や深夜出発みたいに、運転手の許可なしにどんどん決まっていく。この前、県内か近県あたりを旅行しようとなったときもそうで、しかも複数の友人をそれぞれ家まで送りました。もう電車で現地集合、現地解散にしてほしいくらいです」(Cさん)

「乗せてもらう」という気持ちを忘れないようにしたい。