ハイリスクハイリターンのFXで、なぜ女性が男性の3倍稼げるのか?

 ここ数年、株式投資を始め、債券や外貨、投資信託などの金融商品が低迷している中で、唯一実績をあげているのは「FX」である。FXとは「外国為替証拠金取引」で、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引のこと。簡単に言うと、外国為替を媒体とした信用取引を行い、その差額の利益を上げるものだ。

 レバレッジ効果によって、証拠金(担保)の何倍もの金額を投資できることから人気が高いが、一方でリスクも高くなる。10万円の元手で、あっという間に1000万円の儲けが出てしまうなんてこともある。

 このように、ハイリスクハイリターンのFXだが、月刊『ビッグトゥモロウ』の2月号によると、なぜか女性が男性の3倍稼いでいるというデータが報告されている。それはなぜだろうか。その原因がわかれば、ボロ儲けの近道が見えてくるかもしれない。

 いちばんの大きな原因は、FXという金融商品と、女性の思考や行動パターンの相性がいいということだ。女性の場合は、外来ケチ(倹約家)だということもあり、最初はコツコツ少額を稼ぐところから始める。

 男性の場合には、“コツコツ”は苦手で、すぐに何倍もの利益を狙ってしまう傾向がある。それと同時に、周りのアドバイスをあまり参考にせず、自分の考えだけで先走ってしまうことが多いのだ。

 そうすると儲かるときはよいが、当然損害も大きくなる。FX投資はまず、慣れることが勝利への近道で、少額でもよいので取引を繰り返している間に、投資のコツとタイミングを覚えて、その結果、多額の利益を生むことにつながるのだ。

突き詰め、こだわり、一発勝負……男性がFXで儲からない理由

 男性と女性の、投資における違いをもう少し詳しく見てみよう。

 男性の場合、初心者でも、すぐに「1年間で1億円稼ぐ!」など、大きな目標を掲げて、値動きの大きいリスキーな通貨で、一発勝負を賭けようとする。

 さらに、一度始めたらトコトン突き詰めるのが男性の特徴で、FXでも朝から晩までチャートと睨めっこということになり、ついつい熱くなり入れ込んで、無謀な投資に奔りがちなのだ。

 こんなとき女性なら複眼思考で、FX以外にもいろいろとやりたいことがあるので、チャートのチェックは1日数回きり、目先の値動きよりも、大きな流れを読んで判断するので、自ずとリスクが少なくなるというわけだ。

 また女性は投資自体が楽しみになっているので、その経過や結果を、ノートなどに丁寧に書きためておき、何回も読み直すことで過去の失敗に学び、投資スキルも早く上達する。男性なら逆に、投資記録をブログやアフィリエイトなどで公開して、さらに利益に繋げようとするが、それも三日坊主で続かないことが多いようだ。

 何事においても、男性は意志が固く、達成力があるように見えるが、実際には、こだわりが独断になり、損切りもできずに、多額の追い証を負うことにもなりかねない。

 FX投資は、ハイリスクハイリターン商品だからこそ、焦らずにゆっくりコツコツと運用を繰り返すことが勝利への近道。だからこそ女性の思考回路と相性がよく、無理をせずに稼げる要素が多く詰まっているといえるだろう。 この辺に、FXで女性が男性の3倍稼げる理由があるようだ。

女性脳に学べ! 投資・ビジネスにおける3つの必勝法則

 FXにおいて、女性が男性より3倍稼いでいる理由が、その思考・行動パターンにあるらしいことがわかってきた。これは、FXに限った話ではなく、その他の投資やビジネスにも応用できるのではないか。

 ビジネスや投資において成功するのは、投資コンサルタント田口智隆氏の著書『お金が貯まらない人の悪い習慣39』などによると、下記の3つの条件がそろっている場合だという。

誰にでもできる単純な方法 普通に手に入る商品 ライバルをなるべく避ける

■女性脳に学ぶ投資・ビジネスの必勝法則1:誰にでもできる単純な方法

 とかく投資における必勝法則というと、複雑で難しい内容のものが目を惹きやすい。特に初心者には、大量の情報をかきあつめてわかった気になり、「これで自分は万全だ」と思い込んでいる人がいかに多いことか。

 しかし投資の世界では、知識が豊富であれば勝てるという保証はどこにもない。実は、実際に大きく稼いでいる人は、シンプルでわかりやすい方法で勝ち抜いている。

 女性は元来、複雑系は苦手で、単純な方則を好む。例えばFX投資なら、「レンジ相場」といってあらかじめ高値と安値の幅を見極めて、その範囲内で売買を繰り返す方法だ。レンジの範囲を飛び出したら、それを転換のサインとして、利益確定や損切りを行えばよい。

 大きく稼ぐ女性はこの投資法で、深夜の一定時間に売買を繰り返して、手間暇かけずに、単純化して成功しているのだ。

“レアもの”を探せば探すほど損をする



■女性脳に学ぶ投資・ビジネスの必勝法則2:普通に手に入る商品

 次に大切なのは、レアものは禁物ということ。ビジネスでは、他社が扱っていない商品を仕入れれば、大きな反響を呼び、利益につながると思い込みがちだ。

 例えばネットオークションでも、海外の限定品やマニア垂涎の品薄品なら人気を呼ぶこと間違いなしとして仕入れようとする。

 しかし、レアものだからこそ、探して手に入れるのに苦労することが多いので、結果として売り時を逃したり、労力やコストの割には儲けが少なかったりで、結局継続できなくなってしまう。そのうえ、苦労してせっかく仕入れても、手が出ないような高額になってしまっては、ネットで扱うのは難しくなる。

 そこで、少し頭のよい人なら、誰にでも手に入れられる“普通”の商品を扱いながら、付加価値を付けることで、売上げをあげているのだ。

 例えば、「キムタクが身に付けているブレスレット」や「なでしこジャパンの川澄選手が試合で付けるヘアバンド」など、タレントやスポーツ選手などの有名人と同じものを身に付けたいという心理を利用すれば、大きな利益につながる。

 あるいは、ネット通販で人気の商品なら間違いなく売れるので、扱うことができれば、確実に儲けることができる。

他人に負けない“裏ワザ”は探してもムダ



■女性脳に学ぶ投資・ビジネスの必勝法則3:ライバルをなるべく避ける

 もうひとつの必勝法則は、競争相手をなるべく避けること。つまり、ライバルに勝つ方法を探すより、ライバルがいないところで勝負するのが賢明なのだ。

 大きな市場で勝負すると、それだけ強力なライバルが存在する。しかしすき間市場なら、ある程度のニーズも期待でき、ライバルも少ないので、利益を上げられる可能性も高くなる。

 どんなに他人に負けない“裏ワザ”を探そうと思っても、それが公になることはまずないし、もともとそんなワザがあるかどうかも疑わしいのだ。

 それなら、なるべくライバルの少ない小さな市場勝負したほうがいい。目のつけどころに間違いがなければ、確実に儲かることになる。

 例えば、不動産投資をする場合、通常ならワンルームマンションの賃貸料で資産を形成するというのが基本だが、これまで大々的に不動産投資の王道として報道され、紹介されてきたので、今や市場は飽和状態のうえに競争過多で、ほとんど旨みはなくなっている。

 ところが、同じ不動産投資でも少し目の付け所を変えるだけで、ニーズが高まってくるのだ。それは、「ルームシェア」というキーワードだ。

 最近では、狭いワンルームに住むより、ルームメートとシェアして広い家に住みたいというニーズが増えている。特に東日本大震災以来、独りで住むより、誰かと住む方が天変地異が起きた場合、何かと心強いという意識も、その背景にはあるようだ。

 そこに目を付けて、ワンルームではなく2人で住めるくらいの部屋を購入して、別々に賃貸すれば、一戸丸ごとより、割高の賃貸料金を徴収できるというわけだ。そのうえ、東京には2人で住める部屋が少ないので希少価値があり、ほとんどロスがなく部屋が埋まっていくというメリットもある。また昨今の倹約ブームもあり、光熱費などがシェアできる2人部屋なら、今後もニーズが減ることはないといえる。

 このように物事の見方を少し変えるだけで、大きな利益が転がり込むことにつながるのだ。

あのウォーレン・バフェットも「裏ワザ」でなく「王道」で儲けたのだ

 では最後に、儲けの天才といわれた投資家ウォーレン・バフェットのお金に関する見方を学んでおきたい。世界有数の大富豪になったバフェットだが、実は幼いころ父親が失業して、決して裕福ではない少年期を過ごしていた。

 それが、どうして巨万の富を手にすることになったのか。どこが、われわれと決定的に違ったのか。それは、お金に関する考え方にあった。彼は、小さいころからお金に関する仕組みを勉強していたのだ。

 バフェット少年は、6歳で商売を始め、11歳で投資家としてデビューを果たしている。お金に関心の高かった彼は、6歳でチューインガムを仕入れて、個別に売り歩くという商売を始める。それも、1個ではなく5個まとめて売るというセット販売だ。顧客から、1個分けてくれと依頼されても断ったという。なぜなら、セット販売を崩してしまうと、残りの4個の価値が下がり、売れなくなるからだ。

 さらに、株式仲介業を営んでいた父親の事務所に遊びに行っては、株価のチャートを書き写す仕事を手伝っていた。

 そうして彼は、10歳のときに、「今度の誕生日にウォール街に連れて行って」と父親にせがんで実現した。活気に溢れた街の雰囲気を感じて、「35歳までに百万長者になる」と宣言したという。

 その後の彼の活躍はいうまでもないが、巨万の富を手にした原点は、儲けを生み出す流れを感じ、見つけ出すことであった。それは、最初から定石や常識、慣習を信じるのではなく、自らの目と頭で考えて、納得するまで突き詰めてみること。

 そうしてはじめて、儲かる構造が見えてくるのである。常識や慣習などという“色メガネ”をかけていたのでは、利益を生む王道は見えるはずがない。

 不況にあえぐ今だからこそ、もう一度“色メガネ”を外し、原点を見直すことが必要なのではないだろうか。

参考資料:『11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業』(フォレスト出版)、『ビッグトゥモロウ』(2011.2月号&5月号)など
FXで女性は男性の3倍稼いでいる! 女性脳に学ぶ、投資・ビジネスの必勝法則とは?