これは滑らん! ダナー「グレイシア」の超絶グリップ力がすごかった!/編集長 奥家の「コレ買いです」Vol.31

【冬でも滑らんスニーカー】ダナー「グレイシア」の超絶グリップ力がすごかった!/編集長 奥家の『コレ買いです』Vol.31の画像一覧

モノ・トレンド雑誌売上No.1「MonoMax」の編集長・奥家が、今一番気になるモノやトレンドを紹介する連載企画。今回は、ダナーから登場した新作ウィンタースニーカー「グレイシア」をチェックします!

ブーツの王者であるダナーの魅力

ブーツと言えば、ダナー。ファッションに目覚めた高校生のときから憧れのブランドで、大学生になって「ダナーライト」をはじめて手に入れたときのよろこびは、今でも忘れられません。無骨で力強いつくりはアメリカらしさ満点ですし、機能的にも最先端なんですよね。

1959年、アメリカで初めてビブラムソールを用いたシューズを開発し、ダナーのマウンテントレールが一番登りやすいブーツとバックパッカー雑誌に取り上げられ、ダナーは ハイキング業界でプレミアなブランドとなりました。1979年には、靴企業では初めて"ゴアテックス"を使用したシューズを展開し、「ダナー」ブランドは確固たる地位に。(公式webサイトより)

とあるように、“初モノ”尽くし。私がビブラムソールを知ったのもダナーがきっかけでした。

あれから数十年が経ち、ファッションシーンはずいぶんと変化してきました。一時は落ち着いていたブーツ人気も最近は再燃の傾向にあり、ダナーのモデルにも注目が集まっています。

ダナー「グレイシア」¥20,900(税込)

ダナー「グレイシア」¥20,900(税込)

今回紹介する「グレイシア」は、氷河の名を冠するウィンタースニーカー。やはりこちらも、ダナーらしさにあふれた新作でした。

最新ビブラムソールのグリップ力がものすごかった!

グリップ力に驚いた何事も試してみなければ本質はわかりません。ということで、さっそく試し履き。いつものように歩きだしてみたり、キュキュッと床を擦ってみたところ……ものすごいグリップ力に驚きました!

ビブラム社の最新テクノロジーである「アークティックグリップ オールトレイン」を採用今作最大の特徴といえるのが、ソールにビブラム社の最新テクノロジーである「アークティックグリップ オールトレイン」を採用したこと。六角形をした複数のラバーパーツがそれで、低温環境に適したコンパウンドと表面の超微細な凹凸によって濡れた氷にもしっかりとフックしてくれます。触ってみると中目のサンドペーパーのような摩擦抵抗があり、「なるほど、こりゃ滑らんな」と納得できます。−20℃まで硬化せずに機能を損なわないということで、冬のアクティビティーにも活躍してくれます。

さらにそのラバーの周りには「ビブラム XS トレック エヴォ」が敷設され、耐久性とトラクションを向上。氷の上も雪の上も、どんな地形でも強力なグリップ力を発揮してくれます。

独自の防水透湿メンブレンである「ダナー ドライ」を搭載ソールが氷や雪に強いのですから、アッパーだって優秀です。独自の防水透湿メンブレンである「ダナー ドライ」を搭載していて、雨や雪の浸潤を防ぎ、不快なムレも抑制してくれます。

撥水性も高い撥水性も高く、ご覧の通り。撥水性の高さは防汚性の高さでもあり、汚れが着いても落ちしやすくなっています。

随所にウィンタースニーカーとしての配慮が宿っていた!

内側の性能も機能的「アークティックグリップ オールトレイン」ソールや「ダナー ドライ」によって外からの影響力を最小限に食い止めたあと、必要になってくるのが内からのアプローチ。ウィンタースニーカーとしての性能が宿っていました。

保温効果の高いライニング材を採用熱を内側に反射させるような保温効果の高いライニング材を採用。寒い場所にいても温かさを保てるようになっています。過度な期待は禁物ですが、一般的なシューズに比べれば随分と温かいように感じました。

シューレースにはコードストッパーが付属その他にも、ウィンタースニーカーらしいディテールを取り込んでいるのが「グレイシア」の魅力。シューレースにはコードストッパーが付いていました。

グローブを着けたままでも操作できるサッとボタンひとつで留められるのが特徴のパーツ。寒い冬場、ブ厚いグローブを着けたままでも操作できるのは、かなり重宝しそうです。

ヒールには樹脂製のDリングを装備さらにヒールには樹脂製のDリングを装備。誤って雪中や川に足を突っ込んでしまったときなど、ここにフックを掛ければカンタンに干しておくことができます。こういう、些細な工夫がうれしいですね。

【総評】改めてダナーのスゴさを実感できる良作だった!

改めてダナーのスゴさを実感

私が憧れていた頃と同じ、いやそれ以上に進化した姿を味わうことができ、改めてダナーのスゴさを実感できました。特に「アークティックグリップ オールトレイン」を使ったソールの滑らなさは、ぜひみなさんにも知ってもらいたいところ。都内はまだ降雪がありませんけども、降ってこようものならこの「グレイシア」で駆け回ってみたいですね。

問い合わせ:ダナー TEL:03-3476-5661
公式webサイトはコチラ

構成/横山博之 撮影/村本祥一(BYTHEWAY) スタイリング/小林知典