エレガントでシャープな雰囲気を纏った特別仕様車「DS 3 パフォーマンスライン」

【ラグジュアリーなSUV】ガソリンターボエンジンが待望の復活!特別仕様車「DS 3 パフォーマンスライン」に注目の画像一覧

DS ブランドのコンパクトラグジュアリーSUV「DS 3」に、エレガントでシャープな雰囲気を纏った特別仕様車「DS 3 パフォーマンスライン(PERFORMANCE LINE)」が設定された。注目は、通常のモデルラインナップにはない、PureTech1.2L ガソリンターボエンジン(130ps/230Nm)を搭載していること。

今回は特別仕様車としての登場だが、1.5L ディーゼルターボエンジン(130ps/300Nm)を搭載した「オペラ BlueHDi」とともに、DS 3シリーズの主力モデルになりそうだ。この特別仕様車「DS 3 パフォーマンスライン」は10月31日より販売を開始。

現行「DS 3」はラグジュアリーなSUVというコンセプトで登場

再登場を望む声が多かった PureTech 1.2Lガソリンターボエンジンを搭載現行「DS 3」はDSブランドのモデル第2弾として登場したBセグメントのコンパクトラグジュアリーSUV。「DS 3 クロスバック」として2018年にワールドデビューを果たした後、日本では2019年から販売が開始され、2020年には電気自動車の「DS3 クロスバック Eテンス」も上陸している。

その後、2023年5月に大幅改良を受け、エクステリアはよりダイナミックで引き締まった印象を強め、インテリアは利便性が高くモダンでファッショナブルな空間へと大きく進化した。これに伴い、車名も「DS 3 クロスバック」からシンプルな「DS 3」に変更され、日本でのラインナップは1.5L ディーゼルターボエンジン搭載車に一本化されている。

PureTech1.2L ガソリンターボエンジンが待望の復活

フロントグリルやDSエンブレムをするなどして秘めたスポーティネスを演出今回登場した特別仕様車「DS 3 パフォーマンスライン」では、2023年5月の大幅改良で姿を消していたPureTech1.2L ガソリンターボエンジンが復活したのが大きな注目点。1.2Lのガソリンターボエンジンは軽快な走りと高い効率性が特徴で、再登場を望む声が高まっていた。

専用のフロントエンブレムを装備

リヤのDSエンブレムもブラックアウトすることで秘めたスポーティネスを演出今回の特別仕様車はその復活をアピールするように、特別な仕立てで登場。エクステリアはフロントグリルやDSエンブレムをブラック仕上げにし、ボディカラーにグリラケ(マットグレー色)を採用することで、秘めたスポーティネスを演出。また、新デザインの17インチアロイホイール「ダブリン」や専用のフロントエンブレムを装備して、特別感を際立たせる仕上げとしている。

ブラックを基調にダッシュボード、ドアトリムなど随所にアルカンターラを採用また、インテリアはブラックを基調に、ダッシュボード、ドアトリムなどにアルカンターラ、テップレザー、ファブリック、カルマン(紅色)&ゴールドの専用ステッチを組み合わせた、特別仕様車専用の設定となっている。

カルマン(紅色)&ゴールドの専用ステッチが各所にあしらわれる

革巻ステアリングホイールにはパーフォレーテッド加工が施され、スポーツマインドを掻き立てる車両価格は特別仕様ならではの4,570,000円という魅力的な設定で、限定台数は設けられていない。ボディカラーはグリラケ(マットグレー色)。

特別仕様車「DS 3 パフォーマンスライン」 スペック

車両価格は特別仕様ならではの4,570,000円という魅力的な設定で、限定台数は設けられていない

全長×全幅×全高 4,120×1,790×1,575mm
ホイールベース 2,560mm
車両重量 1,270kg
エンジン 直列3気筒DOHCターボ横置
総排気量 1,199cc
最高出力 96kW(130PS)/5,500rpm
最大トルク 230Nm(23.5kgf・m)/1,750rpm
トランスミッション 8速AT
駆動方式 FF
メーカー希望小売価格 ¥4,570,000(税込)

文/近藤暁史 写真提供/ステランティスジャパン