Sクラス史上最強「メルセデスAMG S63 Eパフォーマンス」が登場

【ファン待望の新型ベンツ】「AMG S63 Eパフォーマンス」はメルセデス・ベンツSクラス史上最強!の画像一覧

メルセデス・ベンツ日本は、フラッグシップであるSクラスのトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG S63 Eパフォーマンス」を発表し、販売を開始した。今年9月に限定車「メルセデスAMG S63 Eパフォーマンス エディション1」がSクラス史上最強モデルとして限定30台で発売されたが、そのカタログモデルとなる。なお「メルセデスAMG S63 Eパフォーマンス」の発表とともに、Sクラスのシリーズ体系を変更、メルセデス・マイバッハSクラスと合わせて、ラインアップが大幅に強化された。

高級サルーンの世界的ベンチマークとして君臨するSクラス

メルセデス・ベンツSクラスはブランドのフラッグシップであり、高級サルーンの世界的ベンチマークとなってきたモデル。現行型は2021年1月にフルモデルチェンジを受けて登場し、7月には「究極のエクスクルーシブ性の追求」を謳うメルセデス・マイバッハSクラスがローンチされて、シリーズに加わっている。

これまでのラインアップは、3L 直列6気筒DOHディーゼルターボの「400d 4マティック」、3L 直列6気筒DOHCターボ+ISGの「500 4マティック」、3L 直列6気筒DOHCターボ+PHEVの「500e 4マティック」、4L V型8気筒DOHCツインターボ+ISGの「580 4マティック」、およびそれらのロングボディ、そして4L V型8気筒DOHCツインターボ+ISGの「マイバッハ 580 4マティック」、6L V型12気筒SOHCツインターボの「マイバッハ 680 4マティック」で、先代にはあったハイパフォーマンスなAMGモデルの設定はまだなかった。

ファン待望のAMGハイパフォーマンスモデル「S63 Eパフォーマンス」

AMG専用ラジエーターグリルによる効率的な冷却効果とスポーティなエクステリアこうした中で今回登場した「メルセデスAMG S63 Eパフォーマンス」は、まさにファン待望のモデル。ちなみに「Eパフォーマンス」とは、AMGが独自開発したプラグインハイブリッドシステムを搭載していることを示している。「63 Eパフォーマンス」はAMG GTとAMG Sクラス、AMG Cクラスに設定されているが、AMG GTとAMG Sクラスが4L V型8気筒DOHCツインターボ、AMG Cクラスが2L 4気筒DOHCツインターボエンジンを搭載する。

システム総合出力は802ps、総合トルク1430Nmを発生「メルセデスAMG S63 Eパフォーマンス」は、フロントに最高出力612psの4L V型8気筒ツインターボエンジン、リアに最高出力190psの電気モーターを搭載。システム総合出力は802ps、総合トルク1430Nmを発生、0→100km/h加速はわずか3.3秒、リミッターをカットした最高速は290km/hに達する史上最強のSクラスだ。

フロントに最高出力612psの4L V型8気筒ツインターボエンジン

AMG独自開発のプラグインハイブリッドシステムを搭載リアアクスルにマウントされた電気モーターは電動シフト式2速変速機と電子制御リミテッドスリップデフに統合され、V8エンジンと組み合わされる9速ATを介さず、リアアクスルに直接パワーを伝える。この電気モーターの出力はAMG GTよりも抑えられているが、バッテリーを13.1kWhと大容量としたことで電気モーターでの走行可能距離を37kmに伸ばしている。

F1テクノロジーを採用した駆動システムを採用駆動方式はAMGのパフォーマンス指向の四輪駆動システムの4マティック+を採用、AMGアクティブロールスタビライザー、アクティブリア アクスルステアリング、AMG RIDE CONTROL+ エアサスペンションなどを標準装備する。

角形のデュアルツインのエグゾーストエンドなどが圧倒的な高性能をアピール

AMGパフォーマンスステアリングや3Dコックピットディスプレイなどでスポーティかつラグジュアリーな空間を創出

ダイヤモンドステッチ入りのナッパレザーシートは極上の座り心地を実現

「メルセデスAMG S 63 Eパフォーマンス」スペック

全長×全幅×全高 5,335×1,920×1,515mm
ホイールベース 3,215mm
車両重量 2,680kg
エンジン V型8気筒DOHCツインターボ縦置+モーター
総排気量 3,982cc
エンジン最高出力:450kW(612ps)/5,500-6,500rpm
エンジン最大トルク:900Nm/2,500-4,500rpm
モーター最高出力:140kW(190ps)/4,450-8,500rpm
モ−ター最大トルク:320Nm/150-4,000rpm
システム最高出力:590kW(802ps)
システム最大トルク:1430Nm
EV走行可能距離:37km
バッテリー容量:13.1kWh
トランスミッション:9速AT
駆動方式:4WD
EV走行可能距離:37km
バッテリー容量:13.1kWh
トランスミッション:9速AT
駆動方式:4WD
0→100km/h加速:3.3秒
最高速:290km/h
メーカー希望小売価格(税込):¥35,760,000

マイバッハを含め、Sクラスのシリーズ体系が大幅強化

注目はもうひとつ、「メルセデスAMG S63 Eパフォーマンス」の発表とともに、Sクラスのシリーズ体系が変更されたこと。

マイバッハを含め、Sクラスのシリーズ体系が大幅強化3L 直列6気筒DOHディーゼルターボの「400d 4マティック」はISGを搭載して「450d 4マティック」に進化(ロングボディは廃止)、これまで3L 直列6気筒DOHCターボ+PHEVだった「500e 4マティック」はモデル名はそのままに4L V型8気筒DOHCツインターボ+PHEVに変更され、「メルセデスAMG S63 Eパフォーマンス」「メルセデス・マイバッハ」を加えて、日本仕様のSクラスは全9モデルとなった。

■メルセデス・ベンツSクラス ラインアップ

450d 4マティック 3L 直列6気筒DOHディーゼルターボ+ISG ¥15,180,000
500 4マティック 3L 直列6気筒DOHCターボ+ISG ¥16,060,000
500 4マティック ロング 3L 直列6気筒DOHCターボ+ISG ¥19,850,000
580 4マティック 4L V型8気筒DOHCツインターボ+ISG ¥18,330,000
580 4マティック ロング 4L V型8気筒DOHCツインターボ+ISG ¥22,330,000
580e 4マティック ロング 4L V型8気筒DOHCツインターボ+PHEV ¥21,940,000
メルセデスAMG S63 E パフォーマンス 4L V型8気筒DOHCツインターボ+PHEV ¥35,760,000
メルセデス・マイバッハ 580 4マティック 4L V型8気筒DOHCツインターボ+ISG ¥31,400,000
メルセデス・マイバッハ 680 4マティック 6L V型12気筒SOHCツインターボ ¥36,650,000

文/近藤暁史 写真提供/メルセデス・ベンツ日本