今回は、ブリーフィングとROOT CO.がコラボした「BR × ROOT CO. SLIM PACK」をチェック。

【収納力がすごいバックパック】整理上手になれる!ブリーフィング×ROOT CO.の逸品/編集長 奥家の『コレ買いです』Vol.32の画像一覧

モノ・トレンド雑誌売上No.1「MonoMax」の編集長・奥家が、今一番気になるモノやトレンドを紹介する連載企画。今回は、ブリーフィングとROOT CO.がコラボした「BR × ROOT CO. SLIM PACK」をチェック。使い勝手のよさに驚きました!

ミリタリーなブリーフィングとモバイルギアのROOT CO.がコラボ!

ブリーフィングといえば、ミリタリーをベースとした無骨なスタイルで一斉を風靡したバッグブランドの雄。私も長らくブリーフバッグの「B4ライナー」を愛用しておりまして、MonoMax編集部に入社したての頃にそれをもって各地に取材して回ったことを覚えています。近年ではゴルフやアパレルの領域にまでその世界観を拡大。やはり根っこに確固たるスタイルを持っているからこそ、根強い人気を獲得しているのでしょう。

ブリーフィング×ROOT CO.「BR × ROOT CO. SLIM PACK」¥39,600(税込) W30×H46×D15cm

ブリーフィング×ROOT CO.「BR × ROOT CO. SLIM PACK」¥39,600(税込) W30×H46×D15cm

今回ご紹介するのは、そうした拡張するブリーフィングの世界観の流れの中で生み出された、ひとつのコラボバッグです。お相手は、自然の中でも都会でもさまざまな環境で快適に使えるモバイルギアを発信しているブランド、ROOT CO.。

「BR × ROOT CO. SLIM PACK」のベースとなったのは、ブリーフィングの中でも絶大な人気を誇るバックパックの「SLIM PACK」です。「スマート収納」をコンセプトに、ビジネス・ビジネストリップで必要とされるアイテムからカジュアルシーンまでをカバーする「モジュールウェアコレクション」の中核モデルとして誕生したモデル。ポケットや仕切りを多く搭載し、隙間なくモノを入れやすいスクエアフォルムを採用しているところも、「スマート収納」たるゆえんですね。

本体サイズをアップしてアウトドアでの利便性を高めた!

一回り大きくなっているこの「BR × ROOT CO. SLIM PACK」を手にしてみて、すぐにレギュラーモデルとの違いが伝わってきました。もちろん、本体右下に取り付けられた織りネームに2つ分のブランドが刻まれているというのもありますが、どうにも何かが違う。それも根本的な、何かが……。

正解は、サイズでした。一回り大きくなっているんです。

  • W28×H43×D14cm [SLIM PACK MW GENII]
  • W30×H46×D15cm [BR × ROOT CO. SLIM PACK]

サイズから単純に体積を求めてみれば、約23%もアップしています。

軽めのトレッキングなどアウトドアでの使用も想定し、一回り程度大きいサイジングに設定。(公式webサイトより)

とのことで、ビジネスシーンはもちろんアウトドアでの利便性も高めているんです。たしかにこれだけの大きさだと、軽食や着替えの衣類、ちょっとしたアウトドアツールも十分入りますね。

替えのシャツも余裕で入るサイズ感替えのシャツもご覧のように余裕で入るサイズ感。「ジャケットは一着でOKだけど、下着やシャツは替えたい」というような数日の出張にも対応できそうです。

PCは16インチまでOKまた、PC収納スペースも拡張されているのも地味に大きな変更点。レギュラーモデルの場合は、13インチまでのPCが入る大きさでしたが、本製品では16インチまでOK。外出先で映像編集などの本格的な作業を行いたいクリエイターだと、このアレンジはうれしいところですね。

普通のバックパックと同じように街使いできる背負ってみれば、たしかに少し大きめに感じるかもしれません。ただスッキリとしたスクエアフォルムであり、幅も体からはみ出るほどではありませんから、普通のバックパックと同じように街使いできます。

ROOT CO.のアクセサリーを装着できる特別仕様もポイント!

ROOT CO.オリジナルのDカンを搭載コラボのこだわりは、そのほかにも。

ショルダーハーネス上に20mm幅のナイロンテープを設置し、ROOT CO.オリジナルのDカンを搭載しています。ナイロンテープにはスリットループのコードリールギアホルダーであるROOT CO.の「MAG REEL SQR.シリーズ」の装着が可能。Dカンにはカラビナを使って各種ギアを吊り下げられそうです。

本体側面に縦方向に連なったループを配置また、本体側面に縦方向に連なったループを配置したのもコラボならではのオリジナル。やはりここにもROOT CO.のカラビナやMAG REELの装着ができる設計です。さらに直下にオープンポケットがついていますから、吊るしたギアをポケットにそのまま入れておけば紛失防止にもなりそうです。

通気性とクッション性に優れたパッドを採用バックパネルやハーネスには、通気性とクッション性に優れたパッドを採用。背負い心地がよく、負担をなるべく軽減させるような設計になっているから、コラボで本体サイズが大きくなっても快適に背負うことができました。

【総評】バッグインバッグ不要の整理上手な逸品でした!

「バッグインバッグ不要の整理上手」なバッグだブリーフィングもROOT CO.も奇をてらうことなく、“本質”を追求する中で独自の価値を表現してきたブランド。もともと親和性は高い両者で、このコラボもお互いのいいところがうまく表現されたアイテムだと感じました。もともと「SLIM PACK」自体、内外に数多くポケットが装備されているモデルですが、今回のコラボでさらにアタッチメントを装着できるようになって、収納力が進化。「バッグインバッグ不要の整理上手」なバッグです。

ビジネスとアウトドアのバッグを兼用するというスタイルはまだ試したことがなかったのですが、この「BR × ROOT CO. SLIM PACK」を見て、実践してみたくなりました。

問い合わせ:ブリーフィング 表参道ヒルズ店
TEL:03-6459-2448
公式webサイトはコチラ

構成/横山博之 撮影/村本祥一(BYTHEWAY) スタイリング/小林知典