タイで発表されたIMVシリーズの新型ピックアップトラック「ハイラックス チャンプ」

【日本逆輸入もある!?】トヨタがタイで発表した新型ピックアップトラック「ハイラックス チャンプ」に期待!の画像一覧

トヨタ自動車とトヨタ・モーター・タイランドは、11月27日、IMVシリーズの新型ピックアップトラックの発表会をタイ・バンコクで行ない、現地モデル名「ハイラックス チャンプ」として受注を開始した。車両価格は45.9万〜57.7万バーツで、トヨタ・モーター・タイランドのサムロン工場で生産される。そのカッコ良さに早くも日本逆輸入を期待する声が上がっている。

タイで開発・生産が行われるグローバルカー「IMVシリーズ」

今回は3タイプのエンジンのほか、フラットデッキ仕様など8つのグレード/11の架装モデルが発表されたIMVとは「Innovative International Multi-purpose Vehicle」の略で、アジア本部長だった現会長の豊田章男氏が指揮をとり、「アジアの人々とともに、アジアの経済に貢献したい」という想いを込めて、現地のエンジニアとともに「現地現物」で開発されるモデルのこと

IMVシリーズはジャパンモビリティショー2023のトヨタブースでも紹介されているので、ご存知の人も多いことだろう。

IMVシリーズは2004年にタイでピックアップトラックが登場して以来、世界180以上の国と地域に導入され、地域のニーズに即してミニバンやSUVに形を変えるなど進化。タイでは「国民車」として暮らしの基盤となり、タイ国内で累計270万台以上を販売したほか、累計400万台以上を世界各国へ輸出し、タイ経済に貢献してきた。

その一方で、自動車市場環境の変化やニーズの多様化に伴い、タイの暮らしも大きく変化してきたため、IMVシリーズも「真にお求めやすく、お客さまのニーズに寄り添うIMVピックアップトラックをつくる」という原点に立ち返り、現地のエンジニアが中心となってユーザーのライフスタイルを徹底的に調査しながら、今回の新型車を開発した。

大きな拡張性も魅力の新型ハイラックス チャンプ

ボディはショートホイールベースとロングホイールベースの2種類を用意(写真はロングホイールベース)今回発表された新型ピックアップトラック(タイ現地モデル名ハイラックス チャンプ)は、暮らしを豊かに彩るモビリティとして開発。今回の発表会では、ショートホイールベースとロングホイールベースの2種類のボディ、3タイプのエンジン(2Lガソリン、2.7Lガソリン、2.4Lディーゼル)、フラットデッキ仕様など、8つのグレード/11の架装モデルを一挙に紹介。大きな拡張性があることもアピールした。

現地のエンジニアが中心となって、ユーザーのライフスタイルを徹底的に調査し開発

現地では架装を希望するユーザーには100以上の架装業者の情報を提供フラットデッキには各所にボルト穴が設けられ、ボルトとナットで架装部と簡単に締結することが可能となっていて、架装を希望するユーザーには、100以上の架装業者の情報を提供するという。

「真にお求めやすく、お客さまのニーズに寄り添う」ためには価格は重要なポイントで、車両価格は45.9万〜57.7万バーツ(日本円換算で約195万円〜245万円)という。

【日本逆輸入もある!?】トヨタがタイで発表した新型ピックアップトラック「ハイラックス チャンプ」に期待!ちなみに、日本国内で販売されているハイラックスもタイで生産され日本に輸入されるモデルで、今回発表されたピックアップトラックも日本導入の可能性はあるか!?

「トヨタ ハイラックス チャンプ 2.4ディーゼル ロングホイールベース」(タイ国内仕様)スペック

【日本逆輸入もある!?】トヨタがタイで発表した新型ピックアップトラック「ハイラックス チャンプ」に期待!

全長×全幅×全高 5,300×1,785×1,735mm
ホイールベース 3,085mm
車両総重量 2,790kg
エンジン 2.4L直列4気筒DOHCディーゼルターボ縦置
最小回転半径:5.4m
最大積載量:1t
トランスミッション 6速AT/5速MT
駆動方式 FR

文/近藤暁史 写真提供/トヨタ自動車