久保田×ご当地グルメ6選をご紹介

【久保田×ご当地グルメ】至高のペアリング体験で楽しくほろ酔い…全国旅行気分をお手軽に味わえる“絶品の組み合わせ”ベスト6の画像一覧

一日頑張ったご褒美に、お酒を楽しみたい人も多いはず。ビールや焼酎、ワインなど色々な種類がありますが、今日は日本酒なんていかがでしょう?というわけで今回は、日本酒でお馴染みの久保田に注目してみました。 “ファンが選ぶそれぞれのお酒に合うご当地グルメ”とのペアリング体験ができるイベントに参加してきましたので、北から南まで6つご紹介していきたいと思います!

【1.岩手】海宝漬×久保田 千寿 吟醸生原酒

【岩手】海宝漬×久保田 千寿 吟醸生原酒まずは、岩手県特産の海鮮物が詰め込められた「海宝漬」と「久保田 千寿 吟醸生原酒」のペアリングから。地元の人からは、お歳暮など高級な贈答品として定番な海宝漬。三陸の海に見立てためかぶの上に、キラキラ輝く水面を思わせるいくら、海に浮かぶ舟のようなあわび……というように、器の中に三陸海岸の風景が楽しめる逸品に仕上がっています。

そして吟醸生原酒は、アルコール度数が19度と高めですが、まろやかな味わいが特徴。まろやかさの中にもキリッとしたパンチが効いており、味に緩急がありました。海宝漬の醤油の塩気と吟醸生原酒の甘味の相性が抜群です。海宝漬はちびちびと、そして吟醸生原酒はぐびぐびと行きたくなる組み合わせでしょう。

「久保田 千寿 吟醸生原酒」商品ページ:https://www.asahi-shuzo.co.jp/kubota/senjyuginjonamagenshu/

【2.千葉】ぴーなっつ最中×久保田 千寿

【千葉】ぴーなっつ最中×久保田 千寿日本一の落花生産地として知られている千葉県。そんな千葉県の名物お菓子の一つと言えば、やはり「ぴーなっつ最中」は外せません。成田山の表参道にある“なごみの米屋”が販売しており、千葉県のキオスクでも販売されているほどです。ピーナッツの形をした最中に、ピーナッツの甘煮が練り込まれています。

ファンがおすすめする組み合わせは「久保田 千寿」。洗練されたスッキリとした味わいの千寿が加わることで、餡子の甘味が引き立つんです。濃厚な味わいが楽しめる素敵なコンビネーションになりました。スイーツ枠で楽しんでみてください。

※「ぴーなっつ最中」は、実際には最後のデザートとして提供されました。このイベントでは、最後の一品で必ず甘味やスイーツが提供されます。

「久保田 千寿」商品ページ:https://www.asahi-shuzo.co.jp/kubota/senjyu/

【3.長野】おやき×久保田 純米大吟醸

【長野】おやき×久保田 純米大吟醸「おやき」は、長野県のご当地グルメで有名でしょう。小麦粉とそば粉を水で練ってのばした皮で野菜などの餡を包んで焼いた、伝統的な料理です。代表的な具材は野沢菜ですが、茄子やきのこ、かぼちゃなどの野菜を味噌や醤油で味付けしたものや、あんこ、さつまいもなどの甘い具材も。

そしてファンが絶賛するおやきとの組み合わせは「久保田 純米大吟醸」でした。「具材よりも具を包む皮と純米大吟醸の相性が良い。野沢菜の少ししょっぱめの汁が、純米大吟醸の甘さを引き立てている」という声が挙がっています。

しかしながら、この純米大吟醸、実はカカオ72%のチョコレートや、ヨーグルト、フルーツとも相性が良いそうです。そのため、どちらかというと おかず寄りのおやきとのペアリングは新しいかもしれません……!騙されたと思ってやってみてほしいです。今回体験した6つの中で個人的には一番でした。

なお、純米大吟醸のアロマのような華やかな香りは、単体でも楽しめること間違いなし。デトックスウォーターのようなさらさらとした飲みやすさがあり、常飲したくなるほどでした。ほかのペアリングも探してみたいです。

「久保田 純米大吟醸」商品ページ:https://www.asahi-shuzo.co.jp/kubota/junmaidaiginjo/

【4.兵庫】イカナゴのくぎ煮×久保田 千寿

【兵庫】イカナゴのくぎ煮×久保田 千寿兵庫県からは「イカナゴのくぎ煮」をピックアップ。こちらは、生のイカナゴをしょうゆ、砂糖、生姜などで甘辛く煮た佃煮で、瀬戸内地域の伝統料理です。煮上がったイカナゴは釘のような形をしており、「くぎ煮」という名前がついたと言われています。

そんなイカナゴのくぎ煮に対し、ファンが太鼓判を押す組み合わせは、「久保田 千寿」。ぴーなっつ最中以来の再登場ですね。千寿のドライであっさりした味わいが、イカナゴの味わいを引き締めます。噛みしめるほど甘辛さが溢れるイカナゴを、くいっと千寿で整える。このサイクルがたまりません……!無限ループできます。

「久保田 千寿」商品ページ:https://www.asahi-shuzo.co.jp/kubota/senjyu/

【5.山口】笠戸ひらめ×久保田 碧寿

【山口】笠戸ひらめ×久保田 碧寿続いてのご当地グルメは「笠戸ひらめ」。山口県東南部に位置する下松市の笠戸島で養殖されているブランドひらめです。このひらめ、夏みかんの搾り汁を餌にして育っているそうで、柑橘系の微かな味わいや香りが感じられるのが特徴。また、艶やかな身も夏みかんの影響なんだとか。

笠戸ひらめに合うお酒は「久保田 碧寿」です。碧寿は、山廃仕込みという古くからの製法で造られており、どっしりとした旨みが味わえます。どっしりと聞くと重たい印象を受けるかもしれませんが、ちょっぴり爽やかさも垣間見えるので、ちゃんと飲みやすい。

最初はコリコリとした食感&淡白な味わいですが、噛むほどねっとりとした食感へと移り変わる笠戸ひらめ。最後はやや熟成感のある強い旨味が楽しめました。この旨味が碧寿の味わいと調和し、バランスよくマッチするのです。

「久保田 碧寿」商品ページ:https://www.asahi-shuzo.co.jp/kubota/hekijyu/

【6.鹿児島】とんこつ煮×久保田 百寿

【鹿児島】とんこつ煮×久保田 百寿最後に、南代表・鹿児島県です。紹介するご当地グルメは「とんこつ煮」。ぶつ切りにした豚の骨付きあばら肉を焼き、こんにゃくやニンジン、しょうがなどの野菜と一緒に、麦味噌と黒砂糖でじっくり煮込んでいます。豚肉は、身を柔らかくするために、芋焼酎で炒りつけました。

一般家庭で手軽に作ることができ、また学校の給食でも提供され、日常的に親しまれているそうです。長い歴史を誇る勝利のため、あの西郷隆盛も大好物だったのだとか。

これには「久保田 百寿」を合わせてみましょう。とんこつ煮のこってりとしたまろやかな旨味を、百寿がしっかりと引き立ててくれます。さらに後味はすっきり。鹿児島県の濃厚なご当地グルメには、ふくらみのある辛味が魅力的な百寿が相性◎ですね。

「久保田 百寿」商品ページ:https://www.asahi-shuzo.co.jp/kubota/hyakujyu/

さて、ここまでご紹介してきましたが、今回のようなご当地グルメとのペアリングは、朝日酒造が開催するイベントで体験できるんです。元々はオンラインイベントでしたが、昨年9月からはオフラインで開催しており、より多くの人に美味しい体験と、参加者様同士や朝日酒造社員との交流が楽しめるようになったそう。毎月開催されているので、機会が合えばぜひ参加してみてはいかがでしょうか。3月はまた違った全国のご当地グルメが楽しめるそうです。

3月開催URL:https://www.asahi-shuzo.co.jp/event/2024-02-01-01.html

イベントでもおうちでも、久保田の日本酒を楽しみましょう!あなただけのおすすめペアリングを発見してみるのも面白そうですね。