【エッジリンクって知ってる?】エースとバンタンのZ世代スケーターと共同開発した最新ブランドに大注目

【圧倒的に着脱しやすいカバン】エースとZ世代スケーターが共同開発した最新ブランド「エッジリンク」に大注目の画像一覧

エースは、Z世代をターゲットにしたストリートファッションバッグブランドとしてエッジリンクを新たにローンチ。エッジリンク公式オンラインストア、オンラインストア、直営店ならびに全国の主要百貨店・専門店にて販売を開始した。

エッジリンクは、TOKYOをアイデンティティとして、今の時代の空気感を映し出すストリートバッグブランド。デビューコレクションのテーマとして掲げたのは、若者中心に注目を集めるアーバンスポーツ“スケートボード”。

「バンタンデザイン研究所 スケートボード& デザイン専攻科」と産学共同「バンタンデザイン研究所 スケートボード& デザイン専攻科」と産学共同することで、ターゲット世代のファッションテイストやスタイルをデザインや機能に取り入れたという。ラインナップしたのは全5シリーズ。

「アクロレイド バックパック」¥24,200/3色展開(ブラック、グリーン、ベージュ)

エッジリンク
アクロレイド バックパック
¥24,200
3色展開(ブラック、グリーン、ベージュ)

エッジリンクのフラッグシップモデル。スケーターに必要なツールをすべて収納できるフルスペック仕様。圧倒的な着脱のしやすさと高いホールド感を実現した、独自開発のスケートボードホルダー(意匠登録出願中)を装備している。汚れがちなスケボーツールをメインの荷物と分けて収納できるオーガナイザーポケットも充実。

「ノートワージー」 「ショルダーバッグ」¥9,900、「バックパック(ラウンド型)」¥16,500、「バックパック(スクエア型)」¥14,300

エッジリンク
ノートワージー
(左から)ショルダーバッグ¥9,900、バックパック(ラウンド型)¥16,500、バックパック(スクエア型)¥14,300

今を生きるリアルなスケーター集団「バンタンデザイン研究所 スケートボード&デザイン専攻」の生徒と共同開発。サイジングや、収納ポケットの配置、カラーリングと、細部まで学生の意見を反映したモデルだ。こちらも圧倒的な着脱のしやすさと高いホールド感を実現した、独自開発のスケートボードホルダー(意匠登録出願中)を装備。汚れがちなスケボーツールをメインの荷物と分けて収納できるオーガナイザーポケットも充実している。

=詳しい情報はココをチェック!=
エッジリンク公式オンラインストア
https://edgelink.tokyo/