2023年に話題や注目を集めた象徴的な時計3本

【間違いない腕時計】カルティエの最高傑作、最も注目されたコラボ作 ほか「2023年を代表する腕時計」ベスト3の画像一覧

2024年もスタートし、早くも1カ月が過ぎました。新たな一年の始まりにワクワクもしつつ、昨年はどんな年だったかを振り返るのもいいかも知れません。そこで今回は2023年に話題や注目を集めた象徴的な時計3本をピックアップ!2024年も引き続き話題性たっぷりの3本を紹介していきます。

1. ジュエリーウォッチの最高傑作“カルティエ タンク フランセーズ”

カルティエ
タンク フランセーズ

カルティエ
タンク フランセーズ
¥698,500

2023年のビッグニュースと言えば、この1本は欠かせません。Cartie(カルティエ)のアイコンでもあるタンクコレクションより、新作が登場したことです。

そもそもカルティエと言えば、世界的なジュエラーでもありますが、世界で初めて男性用腕時計を作ったというブランドでもあります。飛行家であるアルベルト・サントス=デュモンからの「操縦中に時間を確認したい」という要望に応える形で、1904年に世界初の男性用腕時計である“サントス”が誕生し、1917年には、第一次世界大戦時に終戦をもたらせた平和の象徴である戦車をモチーフに“タンク”が生まれました。

1996年にタンクコレクションの新モデルとして発表され、2023年にリニューアルされた「タンク フランセーズ」ですが、ケースとブレスレットが一体化しており、ジュエリーとしても腕時計としても楽しめるという特徴を持ったモデルなのです。

大人の色気を感じさせてくれるフェイス今作の魅力となっているのが、気品漂うフェイスにあります。植字となったインデックスは立体感があり視認性がよく、サンレイ仕上げの文字盤は光のあたり具合によって輝きが変わり、大人の色気を感じさせてくれます。

シルバー×ブルーといった気品さを感じるカラーリングリューズはケースに半分ほど埋め込まれており、シンセティック スピネル カボションの装飾が上品さを加速させています。ブルースティール製の剣型針との相性もよく、シルバー×ブルーといった気品さを感じるカラーリングがたまりません。

ラウンドしたケースは腕に優しくフィットしてくれ、着用感も高いラウンドしたケースは腕に優しくフィットしてくれ、着用感も高いのが特徴です。小ぶりでラグジュアリーな雰囲気はトレンド感もあり、身につけるだけでクラス感をアップしてくれるような存在です。ジュエリーウォッチの最高峰だと思いますので、気になった方はぜひ一度お試しあれ。

素材:スティール製ケース、ファセットを付けたスティール製リューズにシンセティック スピネル カボションの装飾。シルバー仕上げダイアル、ブルースティール製剣型針、サファイアクリスタル。スティール製ブレスレット
ケースサイズ径:32 x 27mm
厚さ:7.1mm
日常生活防水

問い合わせ:カルティエ カスタマー サービスセンター TEL:0120-1847-00
URL:https://www.cartier.jp

2. 現代技術の粋を集めた限定モデル“シチズン エコドライブ365 BN1010-05E”

シチズン
エコドライブ365 BN1010-05E

シチズン
エコドライブ365 BN1010-05E
¥110,000

日本を代表するマニュファクチュールとして展開するCITIZEN(シチズン)からはこちらの1本を紹介!シチズン独自の光発電技術をさらに改良し、新たな時計の常識を生み出したモデルとして注目を集めています。

エコ・ドライブをさらに進化させた新しいムーブメント「Cal.E365」を搭載最大の特徴はムーブメントにあります。シチズンは1976年に世界初のアナログ式光発電時計を発表しました。その時計には秘密が隠されており、太陽光や室内のわずかな光を電気に換えて時計を動かし、後に「エコ・ドライブ」と呼ばれる独自の光発電技術に発展する機能が搭載されていたのです。

そんなエコ・ドライブをさらに進化させた新しいムーブメント「Cal.E365」を今作に搭載。一度のフル充電で365日動き続けるという、驚きの技術力を誇る1本が完成したのです。

1973年発表の「シチズンクオーツE・F・A」をインスパイアしたようなデザイン東レ・クレサンベールのラボグロウン・ルビーを4箇所にセッティングし、1973年発表の「シチズンクオーツE・F・A」をインスパイアしたようなデザインが特徴です。

ベルトにはLWG認証のカーフレザーを採用ベルトにはLWG認証のカーフレザーを採用し、クラシカルなデザインでありながら、現代的な1本に仕上がっています。機能性と実用性も備えていますし、限定モデルなので、気になった方は即決をオススメします!

素材:ステンレススティールケース、サファイアガラス(無反射コーティング)、カーフレザーベルト
その他:ケース径42.5mm、10気圧防水、光発電エコ・ドライブ

問い合わせ先:シチズンお客様時計相談室 TEL:0120-78-4807
URL:https://citizen.jp

3. 昨年最も注目されたコラボウォッチ“Blancpain×Swatch ANTARCTIC OCEAN”

ANTARCTIC OCEAN ¥60,500

ブランパン×スウォッチ
ANTARCTIC OCEAN
¥60,500

2023年の時計業界を盛り上げたブランドといえば、やはりswatch(スウォッチ)ではないでしょうか。2022年にはスウォッチ×オメガとしてムーンスウォッチを発表し、社会現象にもなりました。そんなスウォッチコラボの第2弾として、発売されたのがBlancpain ×Swatchの6モデルです。

ブランパンの名作ダイバーズウォッチ“フィフティファゾムス”をベースに作られたブランパンの名作ダイバーズウォッチ“フィフティファゾムス”をベースに、アイスホワイトのケースとクラウンにはバイオセラミック素材を採用しています。

ケースバッグからはSISTEM51機械式ムーブメントが垣間見えるケースバッグからはSISTEM51機械式ムーブメントが垣間見え、南極海とホクヨウウミウシの一種、Tritoniella Belliのイラストのデジタルプリントが施されています。

ATOストラップは使用済みの漁網をリサイクルして作られているNATOストラップは使用済みの漁網をリサイクルして作られており、バイオセラミック素材と合わせて、環境に配慮して作られた腕時計ということがわかります。

夜間での視認性もバツグンインデックス・針・ベゼルにはスーパールミノバを塗布しており、夜間での視認性もバツグンです!ダイバーズウォッチの元祖とも言えるフィフティファゾムスを、スウォッチのフィルターを通して、現代的に仕上げたのが今作。冬の季節でも映えそうな1本なので、早めのゲットをオススメします。

素材:アイスホワイトのBioceramicケースとクラウン、使用済みの漁網をリサイクルして作ったNATOストラップ
その他:ケース径42.3 mm、9気圧防水、自動巻き

問い合わせ:スウォッチ コール TEL:0570-004-007
URL:https://www.swatch.com/ja-jp/

【YouTubeでも徹底解説】プロが選ぶ!2023年を代表する傑作ウォッチ ベスト3

今回は昨年話題を集めた3本を中心に紹介していきました。どれも話題性があり、多くの時計ファンを唸らせたラインナップだったと思います。ぜひ実物を手に取って、魅力を味わってみてはいかがでしょうか。

構成・文/小林知典 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)