Dクリニック
幹細胞培養上清液 毛髪再生治療法 1回1mL 

【美容のプロが注目する 薄毛ケア】日本初!“針なし注射”で皮下まで薬剤を注入できる「超注目の最新発毛治療」とは?の画像一覧

発毛効果のある内服薬、プロペシア(有効成分・フィナステリド)が日本で承認されてから、早19年。その後、内服以外でもさまざまな治療法が開発されており、そのうちのひとつに頭皮に薬剤を注射する方法があります。

頭皮への薬剤注入で、幹細胞培養上清液を注入!

Dクリニック
幹細胞培養上清液 毛髪再生治療法 1回1mL 内服薬は一定の市民権を得ている一方で、頭皮への薬剤注射は痛みを伴うため、広く普及するまでにはいたっていません。

そんななか、Dクリニックが導入したのは、「針を使わず、空気圧を利用して頭皮の皮下に薬剤を分散させる発毛治療」です。こちらは針無し注射器を開発しているアイジェックス・ファーマと日本医科大学抗加齢予防医学講座、そしてエイジングケア企業であるアンファーの共同研究により生み出された方法。

注射針を使用しないので痛みが軽減され、かつ注射針の使用に伴う皮膚損傷などのリスクも低減することを可能にしました。

用いられる薬剤は“幹細胞培養上清液”。こちらはすべての細胞の“モト”となる“母細胞”ともいうべき幹細胞を培養する過程で生成される「上澄み液」のこと。幹細胞そのものはメジャーリーガーの大谷翔平選手が右ひじ靭帯の治療に用いたり、サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドがハムストリングスを治療する際に使われたりしています。

この幹細胞の上澄み液となる“幹細胞培養上清液”にも、さまざまなサイトカインや成長因子が大量に存在することが証明されていることが分かっており、美容医療分野でもよく使用されている人気の成分です。

安全性が確保されているのも取り入れやすい

Dクリニック
幹細胞培養上清液 毛髪再生治療法 1回1mL 

Dクリニック
幹細胞培養上清液 毛髪再生治療法 1回1mL 
通常価格¥55,000(税込)、発毛治療 併診患者価格¥27,500(税込)

こちらの薬剤を頭皮の皮下に分散させることで、発毛効果を訴求しています。また、Dクリニックでは100%ヒト由来(日本人女性)であり、ドナーの採取から製造、出荷まで、大学の研究室内で一元管理している成分を採用しており、安全性が確保されているのもポイントです。

この治療は「どうしても内服薬には抵抗がある」という人におすすめなのはもちろん、「内服治療をしているけど、最近、効きが鈍くなった」という人も試してみる価値がある方法。これまで発毛薬の“効きが悪い”時の解決法としては、内服薬の容量を増やしたり、薬剤を変更することがありましたが、この治療は取り入れやすいと言えます。

こちらの治療法は2024年1月31日からスタートしているので、興味がある人はまずはクリニックへ相談を。