日産自動車は、北京モーターショーショー2018(会期:2018年4月29日〜5月4日、会場:チャイナ・インターナショナル・エキシビジョン・センター)に、中国市場向けに開発された電気自動車「シルフィ ゼロ・エミッション」を含む「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現する電気自動車3台を出展する。

「ニッサン インテリジェント モビリティ」はクルマがエネルギーをどのように使い、どのように走り、そして社会とどのようにつながっていくのかを再定義することで、日産車をより魅力的なクルマにするアプローチ。

「日産は『ニッサン インテリジェント モビリティ』のビジョンのもと、中国における電動化戦略を推進していく。顧客に魅力的な電動車両を提供し、中国市場に電気自動車の新しい時代を切り拓いていきます」と中国事業を統括するチーフ・パフォーマンス・オフィサーのホセ ムニョス氏は述べた。

今回初公開となる「シルフィ ゼロ・エミッション」は、中国市場で品質と信頼性が高く評価されている「シルフィ」に、グローバルに実績のある電動パワートレインを搭載する。同車は、世界で最も販売台数の多い電気自動車「日産リーフ」の技術及びプラットフォームを活用しており、中国における大手自動車合弁会社で初となる量産電気自動車。航続距離は中国の基準*で338kmとなり、急速充電も可能だ。
*航続距離はNEDC基準を参考としたSMVICの結果に基づく

また、「シルフィ ゼロ・エミッション」は車線逸脱警報(LDW)、インテリジェント エマージェンシーブレーキ、後退時車両検知警報(RCTA)、後側方車両検知警報(BSW)といった「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術を多数搭載している。本モデルは、2018年後半に発売予定。

シルフィ ゼロ・エミッション

中国初公開となる「ニッサンIMx KURO」は、より安全、便利で、ワクワクするドライビングを提供することで、クルマがより身近で頼りになるパートナーとなることを目指しており、将来の「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現するクルマ。「ニッサンIMx KURO」は、日産が独自開発した「Brain to Vehicle(B2V)」技術を搭載している。B2Vは、ドライバーの脳波を測定、解析することで、マニュアル運転時にも、また自動運転時においてもドライバーの思い通りの運転を実現することをサポートし、ドライビングプレジャーを高める。

ニッサン IMx KURO

ニッサン IMx KURO

ニッサン IMx KURO

ニッサン IMx KURO

ニッサン IMx KURO

また、2018年ニューヨーク国際自動車ショーにて、ワールド・カー・アワードの「2018ワールド・グリーン・カー」賞を受賞した新型「日産リーフ」も出展する。「日産リーフ」はグローバルに累計32万台以上を販売し、世界で最も販売台数の多い電気自動車。日産は今年末までに「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現する新型「日産リーフ」の中国への投入を検討していく。そして、今後5年間でニッサン、ヴェヌーシア、インフィニティ、東風の各ブランドから、合計20以上の電動駆動車を中国市場に投入する予定だ。さらに、同社は中国における電動化戦略の一環として、平成29年度 省エネ大賞において「省エネルギーセンター会長賞」を受賞したe-POWER技術を、今後数年以内に中国に投入する。

新型「日産リーフ」(日本仕様)

日産は新中期計画「Nissan M.O.V.E to 2022」において、2022年までにLCVとフレームSUVの販売台数を40%増やすことを目指している。今回、同社は本中期計画において、LCV事業における新型車第一号となる新型フレームSUV「テラ」を出展する。「テラ」は実用的で頑丈な、日産LCVの『どこにでも行ける(Go Anywhere)』を体現した本格的なフレームSUVで、今までにないドライビング体験を求める中国の顧客の高まるニーズに応える。

新型フレームSUV「テラ」