ベントレーが誇るスーパーラグジュアリーSUV「ベンテイガ」。上級モデルのW12に続いて、その弟分としてV8モデルがラインナップに加わった。しかし、このベンテイガV8、けっして控えめな存在ではなく、実は兄貴と比較しても遜色なしの出来栄えであった。 REPORT/大谷達也(Tatsuya OTANI)

好感触のV8ツインターボエンジン!

V8だからといって、みくびってもらっては困る。

なにしろベンテイガV8に搭載されるV型8気筒 4.0リッター・ターボ・エンジンの最高出力は550ps/6000rpm、最大トルクは770Nm/1960〜4500rpmで、先ごろ旧型となったコンチネンタルGTのV8モデル(507ps/660Nm)をしのぎ、W型12気筒モデル(590ps/720Nm)と肩を並べるレベルなのだ。

なぜ、ベンテイガV8のエンジンはこれほどのハイパフォーマンスを手に入れることができたのか?  そのプレスキットには“まったくの新設計”であることと、“ツインスクロール・ターボチャージャーを用いたホットインサイド式(吸気系をVバンクの内側にレイアウトしてレスポンスの向上を図ったV型ターボ・エンジンのこと)”としか記述はないが、もう少し深掘りしてみると興味深い事実が浮かび上がってきた。

第一に新型V8エンジンのボアストロークは86.0×86.0mmのスクエアで、84.5×89.0mmのロングストローク・タイプだった旧コンチネンタルGT V8用とは明らかに異なる。圧縮比も従来の9.3:1を大きく上回る10.1:1に設定されている。

実はこれらのスペック、最新のポルシェ・パナメーラ・ターボと基本的に共通。唯一異なるのは、ベンテイガV8の最高出力が6000rpmで生み出されるのに対し、パナメーラ・ターボでは5750〜6000rpmと幅を持った表示になっているだけ。これをのぞけば最高出力、最大トルク、ボア☓ストローク、圧縮比などは完全に同じ。

さらに試乗会当日の取材ノートを改めて確認してみると、ベントレーでベンテイガのプロダクト・ライン・マネジャーを務めるピーター・ゲストのコメントとして「エンジンはポルシェとの共同開発」という記述があった。いずれも状況証拠に過ぎないが、ふたつのエンジンは基本的に同じと見てまず間違いないだろう。

実際のところ、試乗中にも“これまでのベントレーV8とは明らかに異なる……”と感じる部分があった。

その最たるものが、エンジンのレスポンス。巡航状態からスロットルペダルを踏み込んだ瞬間にグンとトルクが立ち上がり、力強く背中を押される感触が明確に伝わってくる。ここまでの軽快感というか、素早いエンジンの反応を旧コンチネンタルGT V8で感じたことはなかった。

いっぽうで、低速域の柔軟性や高速域の伸びやかさではベンテイガW12と遜色がなかった。ベンテイガV8の0→100km/h加速はW12より0.4秒遅くなって4.5秒、最高速度は11km/h低くなって290km/hと記されているが、前述したレスポンスの向上が絶対的なパフォーマンス低下分を補って余りあるものがある。したがって“W12より遅い”ことを理由にV8を敬遠する向きはまずいないだろう。

快適性の向上と高いスタビリティ。

足まわりの印象も興味深いものだった。前述のゲストは、V8のサスペンションについて「W12との50kgの重量差を補正するためにサスペンションの設定を変更したが、味付けの方向性はまったく変わらない」と語っていたが、なるほどベンテイガV8はアウトバーンの速度無制限区間で試した200km/hオーバーの超高速域であろうと、チロル地方の山間部を縫うように続くワインディングロードを流していても、しっかりとした足まわりでボディが支えられている印象が強く、いずれの状況でも不安を覚えなかった。

また、今回試乗したV8モデルは、これまで私が試したことのあるW12モデルよりもハーシュネスの処理が巧みで、快適性が大きく向上しているように感じられた。だからといってハンドリングがあいまいになったり、タイヤのダンピングが悪化して不快な振動が残ることもなく、きわめて快適。ちなみに、試乗車に装着されていたのは21インチのウィンタータイヤ。これに対して、私がこれまで試乗したW12モデルはいずれも22インチのサマータイヤを履いていたので、強いゴツゴツ感が苦手な向きは21インチをチョイスしたほうがいいだろう。

ベンテイガが道を選ぶことなく高いスタビリティを発揮するのは、48V電源を用いたアクティブアンチロールバーに依るところが大きい。ただし、W12モデルで標準装備だったこのシステムがV8モデルではオプション設定とされた。アクティブアンチロールバーを持たないベンテイガがどんな走りを見せてくれるのか実に興味深いところだが、残念ながらアクティブアンチロールバー非装着車に試乗するチャンスは得られなかった。この点は今後の宿題とさせていただこう。

今回は特別に用意された雪上コースで試乗する機会も短時間ながらあった。オンロードではあれほどしっかりしたロール剛性を発揮したベンテイガV8だったが、走行モード切り替えでスノーもしくはトレイル&マッドを選べば、アクティブアンチロールバーが柔軟にロールを許すことで滑りやすい路面から最大限のグリップを確保。スタッドレスタイヤほど雪や氷に強くない最高速度230km/hのウィンタータイヤでも充分なトラクション性能を生み出してくれたほか、雪上でのコントロール性も容易だった。とりわけロール剛性が一段と下がるトレイル&マッドではスタビリティコントロールが実質的に介入しなくなることもあって、豪快なオーバーステアの姿勢を作り出すことができた。

オンロードとオフロードの両方でこれほど優れた走行性能を発揮するのに、しっとりと落ち着いたキャビンでは最上級の寛ぎも味わえる。道を選ばないラグジュアリーSUVとして、ベンテイガは孤高のモデルといえるだろう。

新たに設定されたハイグロスカーボンファイバー仕様のコクピット周り。デザインはこれまでのW12と共通。トランスミッションは8速AT。パドルシフトも備えられている。トラクションコントロールも進化し、ヒルディセントコントロールも搭載する。ドライブモードは全部で8種類(オンロード4種類、オフロード4種類)。任意での設定も可能だが、基本はオートモード任せで問題ない。ゆとりのザイズながら適度なホールド性を見せるフロントシート。ベントレーのお家芸でもある、熟練した職人が手がけるクロスステッチ。もちろん、レザーの質感も感触も抜群だ。後部座席は広大。5席仕様のほか、4席仕様や7名仕様の選択も可能だ。オプションで用意される後部座席用モニター。オーディオ類やナビゲーションの操作もできる。

【SPECIFICATIONS】
ベントレー ベンテイガ V8
■ボディサイズ:全長5140×全幅1998×全高1742㎜ ホイールベース:2995㎜ ■車両重量:2395㎏(5席仕様) ■エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ 総排気量:3996cc 最高出力:404kW(550ps)/6000rpm 最大トルク:770Nm/1960〜4500rpm ■トランスミッション:8速AT ■駆動方式:AWD ■サスペンション形式:前ダブルウイッシュボーン 後マルチリンク ■ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク ■パフォーマンス 最高速度:290km/h 0→100㎞/h加速:4.5秒 車両本体価格:1994万6000円(税込)

BENTLEY BENTAYGA V8