スポーツカーでありながらプラグインハイブリッドモデルでもあるBMW i8がマイナーチェンジを受け、それと同時にi8ロードスターが日本に上陸した。両モデルとも納車は2018年9月以降を予定しているという。<以下プレスリリース>

 持続可能な次世代モビリティを提唱するBMWのサブ・ブランド「BMW i」より、2014年9 月に発売されたBMW i8は、スポーツ・カーでありながらコンパクト・カー並みの燃費性能と低排出ガスを実現したプラグイン・ハイブリッド・テクノロジー「eDrive(イードライブ)」や、電気自動車「BMW i3(アイ・スリー)」とともに量産車として初めてCFRP(カーボン・ファイバー強化樹脂)をボディの基本骨格に採用するなど、最も革新的なプレミアム・スポーツ・カーである。

 高性能マシンのスポーツ性を持ちながら小型車並みのすぐれた燃費効率を兼ね備えたプラグイン・ハイブリッド・モデルであるBMW i8は、LifeDrive(ライフドライブ)構造と呼ばれる革新的な車体の基本構造コンセプトを採用しており、パワートレインなどを収めるシャシーの役割を果たすアルミニウム製Drive Module(ドライブモジュール)および乗員などが搭乗する基本骨格(パッセンジャー・セル)となる炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製Life Module(ライフモジュール)により構成されている。ボディ剛性と乗員保護性能に優れているCFRPは高い強度を誇りながら、スチールより50%、アルミより30%軽量であり、バッテリーによる重量増を、革新的なCFRPとアルミのアーキテクチャーを用いることで相殺している。この軽量化と低重心化は、卓越した運動性能にも大きく貢献している。これにより、BMWの特徴である50:50という理想的な重量配分と後輪駆動にもこだわるBMW i8は、未来の駆けぬける歓びを提案している。

 新型モデルでは、搭載されるハイ・ボルテージ・リチウムイオン・バッテリー容量を従来モデルに比べ13Ah拡大させ33Ahを実現した。そして、BMWツインパワー・ターボ・テクノロジーを搭載した1.5リッター3気筒ガソリン・エンジンは最高出力170kW/231ps、最大トルク320Nmを発揮し、搭載される電気モーターは従来モデルより9kW/12ps引き上げられ定格出力105kW/143ps、最大トルク250Nmを発揮する。これらが組み合わされたシステム全体出力も従来モデルより9kW/12ps引き上げられ275kW/374psとなっている。

新型BMW i8ロードスター

 BMW i8のラインアップに追加となる新型BMW i8ロードスターは、オープン・エア・ドライビングを愉しめる電動開閉式ソフト・トップを採用した、2人乗りモデルである。新型BMW i8クーペ同様にフレーム・レスのシザー・ドアを採用し、エレガントなデザインを醸し出している。新型BMW i8ロードスターのために新開発された電動開閉式ソフト・トップは、時速50km/h以下での開閉操作が可能であり、急な天候の変化への対応も可能で、約15秒で開操作、閉操作が、可能である。
 一般的なオープン・モデルでは十分な収納スペースの確保が不可能な場合があるが、新型BMW i8ロードスターは、屋根の収納スペースを工夫することにより、収納エリア下に約100リットルもの収納スペースが確保されているため、カバン等、比較的大きな荷物も格納することが可能である。