三菱自動車は、今年2018年に生誕40周年を迎えた1トンピックアップトラックの新型『トライトン』/『L200』を11月9日(金)にタイ・バンコクで世界初披露した。販売は17日から開始する。

 バンコクでワールドプレミアされた新型『トライトン』/『L200』は、タイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランド(以下、MMTh)のレムチャバン工場で生産される。今回の世界初披露に先立ち益子修CEOは

「三菱自動車にとって『トライトン』/『L200』は極めて重要な世界戦略車のひとつであり、当社の持続的成長には今回投入する車の成功が不可欠です。今回の改良では、初代から40年間で培った耐久性、信頼性及び快適性にさらに磨きをかけるとともに、デザインを力強く堅牢なものに一新しました。新型トライトンは世界中のお客様の多様なご要望にお応えできると確信しています」
と述べた。

 新型『トライトン』/『L200』は11月17日からタイで販売を開始し、アセアン、オセアニア、中東、欧州、アフリカ、中南米など約150ヶ国に順次展開する計画だ。今年度は新型モデルと現行モデルの合計で約18万台の販売を計画している。2017年度のグローバルでの販売台数では、三菱自動車の商品ラインアップにおいて『アウトランダー』に次ぐ約16万台の実績を誇り、重要な世界戦略車のひとつである。

“EngineeredBeyondTough”を体現する力強いデザイン

新型『トライトン』/『L200』では、「究極のスポーツ・ユーティリティ・トラック」というコンセプトと歴代モデルでの開発思想である“EngineeredBeyondTough”のもと、新世代の「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを採用した力強いデザイン、オフロードでの走破性を向上させた4WDシステム、先進の予防安全・運転支援技術の採用など、大幅に商品力を高めビジネスユースにおける耐久性・信頼性に加え、プライベートユースにおける快適性や乗り心地にいっそう磨きをかけた。
新型『トライトン』/『L200』では、内外観とも“EngineeredBeyondTough”、すなわち技術に裏付けられた真のタフさを体現するために“RockSolid”というコンセプトのもと、デザインを一新した。

悪路での走破性をいっそう高めた4WDシステム

 新型『トライトン』/『L200』では、あらゆる路面状況で最適なトラクション性能とハンドリング性能を実現するスーパーセレクト4WD-II搭載車と、路面状況に応じて走行モードの切り替えが容易なイージーセレクト4WD搭載車をラインアップ。いずれも新走行モードにより悪路走破性を向上させている。
 スーパーセレクト4WD-II搭載車、イージーセレクト4WD搭載車ともに、新たに「オフロードモード」を採用。「GRAVEL(未舗装路)」「MUD/SNOW(泥道/新雪)」「SAND(砂地)」「ROCK(岩場、走行モードが4LLc時のみ)」の4モードを設定。「オフロードモード」では、エンジン、トランスミッション、ブレーキを統合制御することでタイヤのスリップ量をコントロールし、悪路での走破性・脱出性を最大限に高めた。急な坂道や滑りやすい路面を下る際、電子制御により低車速に抑えて安心・安全に走行することができる「ヒルディセントコントロール」を採用した。

新型『トライトン』/『L200』では、耐久性・信頼性に優れるラダーフレームと高い衝突安全性を誇るキャビンを踏襲しながら、1トンピックアップトラックのセグメントをリードする先進の予防安全・運転支援技術を採用している。

ピックアップトラックに求められる性能・機能

新型『トライトン』/『L200』は、ビジネスユースにおける耐久性・信頼性とプライベートユースにおける快適性と乗り心地を高めるべく、細部にわたり改良を施している。
・フロントブレーキのディスクとキャリパーピストンを大型化したことで、制動性能とフィーリングを向上させた。
・リヤサスペンションのダンパーを大型化し、オイル流量をアップしたことで、乗り心地を向上させた。

・オートマチックトランスミッションは5速から6速に変更することで、より滑らかで
力強い加速性能とし、静粛性も向上させた。

 インパネ全体のウイング形状を継承しつつ、センターパネルはソリッドかつクリーンな造形のフレームで操作パネルとアウトレットを囲み、モダンさと剛性感を表現。フロアコンソール、アームレスト、パーキングブレーキなど人が触れる部分には、ソフトパッドとステッチを入れて心地よい上質な空間とした。


ちなみに、こちらが旧型トライトンである。