月間販売台数:992台(18年8月〜19年1月平均値) 現行型発表:14年2月(一部改良 18年5月) JC08モード燃費:22.2km/ℓ ※「T」系のFF車 レポート●青山尚暉(AOYAMA Naoki)[本文]/山本晋也(YAMAMOTO Shinya)[写真解説] フォト=神村 聖(KAMIMURA Satoshi) モデル=藤木由貴(FUJIKI Yuki)

全高1775mm 全幅1475mm ミラー・トゥ・ミラー1840mm開口高600mm

全長3395mm 最小回転半径4.4m〜4.7m

■主用諸元 カスタムT Safety PLUS Edition(特別仕様車)
全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1775
室内長×室内幅×室内高(㎜):2235×1320×1400
ホイールベース(㎜):2430
トレッド(㎜) 前/後:1300/1290
車両重量(㎏):960
エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ
総排気量(㏄):659
最高出力(kW[㎰]/rpm):47[64]/6000
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):98[10.0]/3000
燃料タンク容量(ℓ):30(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:165/55R15
最小回転半径(m):4.7
JC08モード燃費(㎞/ℓ):22.2
車両本体価格:187万560円

乗降性

前席:ステップ高340mm 助手席シート高650mm後席:ステップ高370mm シート高705mm

フロアが低めなこともあり、数値よりステップが高く感じるが、開口部が広く余裕たっぷりなため乗降性に難を感じることはない。Bピラーにアシストグリップがあり、小柄なパッセンジャーでも後席に軽々と乗り込める。

撮影車の「カスタムT」には15インチアルミホイールが標準装備。2トーンカラーもカスタム系だけの設定となる。リヤコンビランプは全グレードLEDだが、カスタム系はクリアタイプとなっている。

先進安全装備

撮影車両データ

ボディカラー:ホワイトパール/ブラックマイカ
オプション装備:特別塗装色(7万5600円)/フロアマット〈デラックス〉(2万649円)/ETC車載器(2万4451円)/ドライブレコーダー(3万7929円)

ボディカラー

インパネ

フラットなダッシュボードで見晴らしはいいが、エンジンフードはほとんど視認できない。ブルーの液晶ディスプレイを内蔵した二眼メーターはカスタム系と標準系のターボ車に与えられる。標準の自然吸気エンジン車は大きなスピードメーターだけのシンプルなデザインだ。

居住性

後席:ダイブダウン格納できる後席はスライド量260㎜を誇る。最前位置までスライドしても足元は広いが壁面のドリンクホルダーは使いづらい。シートとしては、背もたれなど全体に小ぶりな印象も受ける。前席:フロントはベンチシートタイプ、運転席の方が大きめなので、座面にも余裕が感じられる。ダイヤル式シートリフターとステアリングのチルト機構により体格に合わせたシートポジションに調整しやすい。

ラゲッジルーム

通常時:奥行き260mm

後席格納時:奥行き1335mm 幅950mm 高さ1105mm

後席は左右分割でスライドでき、アレンジの幅は広い。なお、後席を前方にスライドさせた状態ではレールが残ってしまう(レール後端までの奥行きは390㎜)ので注意したい。後席の格納は最後端にスライドさせた状態で行なう。フラットなフロア面となるので、大きな箱なども載せやすい。