プジョー・シトロエン・ジャポンは5月23日、DSオートモビルのフラッグシップSUV「DS7クロスバック・グランドシック」に駐車支援システムを搭載し、6月1日より発売すると発表した。

「DSパークパイロット」で駐車時の煩わしさから解放

 DS7クロスバック・グランドシックに搭載された駐車支援システム「DSパークパイロット」を使えば、ドライバーはステアリングホイールやアクセル&ブレーキペダル、シフトセレクターを操作せずに縦列および並列駐車が自動で行うことが可能になる。これで駐車時の煩わしい操作から解放されることになる。

 ちなみに本国の調べでは、ステアリングホイールとアクセル&ブレーキペダル、そしてシフトセレクターすべての操作を自動で行えるこの機能は、CセグメントSUVでは世界初になるという。

 この機能の起動ボタンは従来シフトレバーのマニュアルモード用ボタンだったところに設置され、マニュアルモードの選択はドライブモードセレクトスイッチで操作する。

 新しいDS7クロスバック・グランドシックは、177psと400Nmを発揮する2.0L直列4気筒ディーゼルターボの「BlueHDi」と、225psと300Nmを発する1.6L直列4気筒ターボのガソリン仕様の2機種を設定。税込車両価格はそれぞれ579万円、559万円である。