7月17日、ダイムラーはメルセデス・ベンツCLAシューティングブレークにトップパフォーマンスモデルとなる「メルセデスAMG CLA45 4マチック+シューティングブレーク」および「メルセデスAMG CLA45 S 4マチック+シューティングブレーク」を設定したと発表した。

標準の「45」に加えて、より高性能な「45 S」を設定

 新型CLAシューティングブレークに設定されたAMG仕様も、、ひと足先に発表された「A45」や「CLA45クーぺ」(いずれも日本未導入)と同様に、標準の「45」とより高性能な「45 S」を設定。

 2.0L直列4気筒ターボエンジンは標準モデルで387ps/480Nm、「S」モデルでは421ps/500Nmを発揮。トランスミッションはいずれも8速DCTの「AMGスピードシフトDCT 8G」で、「AMGパフォーマンス4マチック+」によって4輪を駆動する。

 0-100km/h加速タイムは標準モデルで4.1秒、「S」モデルでは4.0秒を実現。最高速はそれぞれ250km/h、270km/hと発表された。

 4輪駆動システムの「AMGパフォーマンス4マチック+」には、「AMGトルクコントロール」が組み合わされる。これはリヤアクスルのドライブシャフトに接続され、走行モードに応じてリヤの左右輪をそれぞれ個別に駆動力配分することができる。これによって悪路での高い走破性を実現するほか、サーキットトラックなどでのハードなコーナリング時に高次元のパフォーマンス発揮に寄与する。

 ハイアウトプットエンジンの搭載に伴い、ブレーキシステムも高性能化が図られている。標準モデルではフロントに4ピストンキャリパーと350×34mmディスク、リヤに1ピストンキャリパーと330×22mmディスクを搭載。「S」モデル、あるいは標準モデルでオプションの「AMGダイナミックプラスパッケージ」を選択すると、フロント用が6ピストンキャリパーと360×36mmディスクとなり、ブレーキキャリパーがレッドにペイントされる。

 走行モードは滑りやすい路面に適した「スリッパリー」のほか、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ+」、そして各コンポーネントを個別に設定できる「インディビデュアル」の5モードを設定。さらに「S」モデルとAMGダイナミックプラスパッケージ装着車には、サーキットトラックなどで最大限に性能が発揮できる「レース」モードが加わる。「レース」モード時はドリフトモードとなりオーバーステアを許容。サーキットトラックなどでさらにアグレッシブなスポーツドライビングが可能となる。

 内外装のデザインはA45やCLA45と同様に、新世代のAMGモデルを実感させる洗練されたスポーティネスが特徴。エクステリアではフロントエプロンやリヤディフューザー、インテリアではステアリングホイールやシートなど、ハイパフォーマンスモデルであることを主張する専用パーツを採用。Sモデルのインテリアにはレッドのアクセントが随所に入り、より高性能なモデルであることが強調された。