8月6日、日本自動車輸入組合(JAIA)は2019年7月期の外国メーカー車新規登録台数を公表した。

ボルボ、ジープ、プジョー、ポルシェも前年を上回る

 7月期の新規登録台数トップ10ブランドは以下のとおり。2019年上半期にトップだったメルセデス・ベンツが5159台を記録し、第1位の座をキープした。新型に切り替わった新型「Aクラス」や「Bクラス」が販売を牽引役になっていることが推測できる。そのほか、ボルボやジープ、プジョー、ポルシェが前年同月を上回る台数を記録した。

●2019年7月期・外国ブランド車新規登録台数トップ10
第1位:メルセデス・ベンツ(5159台/110.5%)
第2位:フォルクスワーゲン(3544台/96.3%)
第3位:BMW(3425台/91.3%)
第4位:MINI(1805台/100.2%)
第5位:アウディ(1424台/94.7%)
第6位:ボルボ(1295台/103.2%)
第7位:ジープ(1080台/127.7%)
第8位:プジョー(1024台/120.3%)
第9位: ポルシェ(597台/152.3%)
第10位:ルノー(584台/99.2%)
※パーセンテージは前年同月比

 一方、2019年1月から7月までの累計登録台数トップ10ブランドは以下のとおり。トップ5ブランドが軒並み前年同期比を下回るなか、ボルボやジープ、プジョー、ルノーは前年同期を上回る伸長を見せた。

●2019年1〜7月期累計・外国ブランド車新規登録台数トップ10
第1位:メルセデス・ベンツ(3万6892台/99.3%)
第2位:フォルクスワーゲン(2万7631台/92.9%)
第3位:BMW(2万6885台/98.8%)
第4位:MINI(1万4384台/98.7%)
第5位:アウディ(1万2738台/81.9%)
第6位:ボルボ(1万570台/108.4%)
第7位:ジープ(7228台/111.4%)
第8位:プジョー(6434台/105.8%)
第9位: ルノー(4431台/103.2%)
第10位:ポルシェ(3834台/97.2%)
※パーセンテージは前年同月比