10月7日、日産自動車は「ノートe-POWER NISMO」と「ノートe-POWER NISMO S」、「ノートNISMO S」に特別仕様車「ノートNISMOブラックリミテッド」を設定し、11月より発売すると発表した。なお、この特別仕様車は10月25日に一般公開が始まる「第46回 東京モーターショー2019」で披露される予定だ。

LEDヘッドランプなどの人気アイテムを標準装備

 この特別仕様車は、ノートNISMOの高い走行性能はそのままに、 ボンネットフードやルーフをブラックにすることで、NISMOらしいスポーティさを表現。また、シャークフィンアンテナ、ルーフスポイラー、ドアミラーなどの外観パーツもブラック化し、より精悍さを高めたモデルに仕上げられている。

 また、ノートの従来からのオーナーから好評を得ている「LEDヘッドランプ」や「インテリジェント クルーズコントロール」や「ナビ取付パッケージ」などの人気のオプションを標準装備し、より安全で使いやすい、快適な特別仕様車となっている。

 ボディカラーは「ブリリアントホワイトパール(3P)/スーパーブラック 2トーン」と「ダークメタルグレー(M)/スーパーブラック 2トーン」の2タイプを設定。この特別仕様車が設定される3タイプには、それぞれNISMOの専用チューニングが施されたレカロ製フロントシートを装着したモデルが用意されている。

●日産「ノートNISMOブラックリミテッド」ラインナップ
・NISMO Sブラックリミテッド・レカロシート付車:268万2900円
・e-POWER NISMOブラックリミテッド:270万2700円
・e-POWER NISMOブラックリミテッド・レカロシート付車:297万7700円
・e-POWER NISMO Sブラックリミテッド:281万2700円
・e-POWER NISMO Sブラックリミテッド・レカロシート付車:308万7700円
※車両価格は消費税10%込み