11月5日、新型S60を発売したボルボ・カー・ジャパンは、頭金なしの月々定額でボルボに乗れるリースプラン「SMAVO(スマボ)」を大幅に刷新し、「スマボ2/3(にいさん)」、「スマボ3/5(さんごう)」として、新型S60より導入を開始すると発表した。

2019年1〜9月は約12%がスマボでの契約

 「スマボ」とは、「“スマ”ートに“ボ”ルボ」に乗れる」をコンセプトにしたリースプラン。2017年以降、さまざまなプランが導入され、すでに契約数は約4000件にのぼる。2019年1〜9月の実績では、販売の約12%がスマボでの契約になっているという。

 このたび新たに導入されるのは3年契約2年しばりの「スマボ2/3」と、5年契約3年しばりの「スマボ3/5」の2タイプ。3年後残価50%、5年後残価30%を保証することで、代替時の残価リスクをなくすとともに、魅力的な月額料金を実現している。

 例えば、新型S60のエントリーモデル「T4モメンタム」で、「スマボ2/3」を利用した場合、月額料金は税込で8万9980円、「スマボ3/5」の場合では同7万3810円となる。

 また、ドライビングレコーダーセットやタイヤ補償を含むオプションパックが、別途用意されている点も特色として挙げられる(詳細は下記の表参照)。

 「スマボ2/3」は2年経過時より、「スマボ3/5」は初回車検時に20万円の清算金で代替が可能。それ以降の代替であれば、3年目の車検費用のみで清算金は不要となる。

 この「スマボ2/3」、「スマボ3/5」は、2020年1月からは他モデルにも展開されていく予定。ボルボに乗ってみたいという方は、検討する価値が大いにありそうだ。