LEXUSは、中国・広州で11月22日(金)に開幕し、12月1日(日)まで開催される広州モーターショーで、同ブランド初の電気自動車(EV)市販モデル「UX300e」を世界初公開した。

 今回発表された「UX300e」は、2019年の東京モーターショーで掲げた電動化ビジョン「Lexus Electrified(電動化技術を用いて車両の基本性能を大幅に進化させ、お客様へクルマがもたらす楽しさ・喜びを提供し続けることを目指す)」のもと、コンパクトクロスオーバーの「UX」が持ち味とする個性的なデザインや高い利便性、取り回しやすさはそのままに、LEXUSのEVならではの上質で「すっきりと奥深い走り」と優れた静粛性を追求したという。

◼️航続距離は400kmを達成

 フロントには、最高出力が150kW[204ps]、最大トルクが300Nm[30.6kgm]のモーターが搭載される。また、バッテリーは容量が54.3kWhのリチウムイオンバッテリーが採用され、航続距離は400kmを達成。最大6.6kWの普通充電のほか、最大50kWの急速充電にも対応しており、専用アプリによってバッテリー残量や走行可能距離、充電完了までの時間、出発時刻に合わせて充電が完了させるタイマー設定が可能とのこと。

◼️パワートレーン以外にもEV化に伴う最適化を実施

 「UX300e」では、モーターとバッテリーの搭載にあたり、様々な部分に手が加えられた。具体的には、GA-Cプラットフォームの基本性能を上げるためにブレースの追加やショックアブソーバーの減衰力最適化や、ドライブモードセレクトによる力強い加速、4段階の減速度を選べるパドルシフト、静粛性を高めるべく床下バッテリーに遮音壁としての機能を持たせることで、EVならではの運動性能や静粛性を追求。

 その一方で、車両の走行状況を感じられる快適なドライビング環境を実現するために、アクティブサウンドコントロールが採用されている。

◼️内外装の仕立ても「UX300e」専用に

 「UX300e」の外装では、優れた空力性能を確保するために専用ホイールや床下空力カバーが新開発された。また、内装ではシフトバイワイヤを採用したセンターコンソールとなるなど、EVらしい仕立てとなっている。

 安全装備は「Lexus Safety System+」を搭載。2020年以降、中国や欧州などを皮切りに順次発売し、日本での発売は2021年前半を予定しているという。