1月24日、ダイムラーは「メルセデス・ベンツEクラス」のフェイスとリフトを予告し、今年の夏にデビューさせる予定であることを明らかにするとともに、開発テスト中のプロトタイプ車両を公開した。

フロントマスク&リヤビューのデザインを刷新

 ご存知のとおりEクラスは、1946年以来世界で1400万台以上が販売されたメルセデス・ベンツの基幹モデル。10代目を数える現行型は世界で100万台以上がすでに販売されている。

 そんなEクラスが今夏、フェイスリフトを受けて新型に移行する。このたび公開された写真は、米国ラスベガスで実施されたプロトタイプ車両によるテスト走行の様子。ボディの一部には偽装が施されており、新型では前後ライトを含むフロントマスクやリヤビューのデザインが変更される可能性が高い。

 新型では、プラグインハイブッドパワートレインのバリエーションが7種類に拡大し、4MATIC仕様車やステーションワゴンにも設定される予定。また、米国市場では新型で初めてプラグインハイブリッド車が導入されることになる。このほか、新開発の直列エンジンも導入される澪通しとのことだ。

 インテリアでは、センターパネルのタッチディスプレイにスワイプ機能が追加されるほか、対話型インフォテイメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」には、AR(拡張現実)技術が用いられるなどより直感的で自然な操作が可能になるという。

 そのほか、新型では運転支援機能の進化もニュース。「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」には、新たにナビ設定ルートと連携した速度調整機能を追加。クルマが渋滞などの周囲の交通状況に合わせて設定速度から自動的に速度を調整することで、ドライバーが気づく前に車速を自動的にコントロールしてくれる。

 さらに、「アクティブブレーキアシスト」にはクロストラフィック機能がプラスされ、交差点で右折する場合に対向車と衝突する危険を検知するとブレーキがかかる。「アクティブブラインドスポットアシスト」は出口警告機能が追加され、停止中にドアを開ける際、後側方から別のクルマやバイク、自転車が近づいていると警告を発する。「360°カメラ付きパーキングパッケージ」では、パーキング機能にボディの側面全体を監視する機能を追加。縁石やガレージ側面などの障害物がより認識しやすくなる。