関西ペイントが開発したリチウムイオン電池用材料が、 2020年2月10日より販売開始予定のトヨタ自動車の次世代コンパクトカー、 新型『ヤリス』のHYBRID車に搭載の車載電池の材料として採用された。

 このたび採用されたリチウムイオン電池用材料は、車載用電池の正極膜を構成する材料の一つである導電助剤となる導電カーボンについて、導電性付与に最適なカーボンの分散状態を実現し、従来品より粘度が低い液状物「正極用導電カーボンペースト(スラリー)」として開発したもの。関西ペイントグループが塗料分野で培ってきた基幹技術である分散技術の適用により、最適な導電性を付与することで、電池自体の性能向上と優れた安定性を実現する。また、従来品よりも低粘度の液状物として提供されることから、電池製造時における作業性が良く、製造プロセスの改善にも寄与する。

 関西ペイントグループは、2018年4月に「リチウムイオン電池用材料に関する技術開発について」として、これまで同社グループが塗料事業を通して培ってきた分散技術を中核としたプロセス技術のリチウムイオン電池材料への適用検討と、2020年を目標としたリチウムイオン電池向け材料ビジネスへの新規参入を目指すことを発表した。今回の採用は、その活動が実を結び、初めて実用化の運びとなったもの。なお、関西ペイントでは、名古屋事業所(愛知県)と小野事業所(兵庫県)において、今回の実用化ならびに今後の需要増加にも対応する生産体制の構築をすすめている。

ヤリス・ハイブリッド(PHOTO:TOYOTA)