3月13日、日本ミシュランタイヤは、クラシックカー向けのクラシックタイヤ「MICHELIN XAS 165 R 15 TL 86V N0(製品名:ミシュラン・エックスエーエス)」を4月1日より発売すると発表した。 サイズは「165 R 15 TL 86V N0」の1サイズ、価格はオープンだ。

ポルシェのみならず60年代から70年代にかけて活躍した当時のスポーツカーにも装着可能

 1965年に発売されたMICHELIN XASは、路面と接地するトレッドデザインに非対称パターンを採用することで、グリップ性能とハンドリング性能を両立させながら最高速度は210km/h(速度記号は「H」)に設定され、当時の量産タイヤとしては先進的だった。そのため発売当初からひとつの基準タイヤとして認知され、世界中のさまざまな車両に装着されてきた。現在ではミシュランクラシックタイヤを象徴する製品として生産、販売を続けている。

MICHELIN XAS 165 R 15 TL 86V N0

 このたび発売されるMICHELIN XASは、当時の外観はそのままに、ポルシェ認証マークである「N0」を取得することで、ポルシェ356をはじめとした初期のポルシェ911やポルシェ912などに安心して装着することが可能。さらに最高速度を240km/h(速度記号は「V」)まで引き上げることで、ポルシェのみならず60年代から70年代にかけて活躍した当時のスポーツカーにも広く装着できる。

 加えて、本来チューブタイプだったものをチューブレスタイプに仕様変更することで、昨今のクラシックカーに多くみられるチューブレスホイールにも対応する。