人と接触しないように。というワケで中三の娘と数年ぶりにマックのドライブスルーへ。すると娘がマイクに向かって「マスタード、ピクルス、オニオン抜き。ポテトは揚げたてをお願いします」とか言い出した。そんなワガママ大丈夫なのか! と驚いている私の心配とは裏腹に、見事にワガママオーダーがお届けされた。それを受け、「オレの大好きなビッグマックのソースを増やすことは出来ないか」と娘に相談してみると「出来るに決まってるじゃん」という驚きの答えが。

私はビッグマックが大好きだ。理由はあのソースが大好きだから。でも、いつも食べながら「早くソースが出てこないかなぁ」とソースを待っている自分がいた。しかし! 娘からワガママオーダーができるという情報を得て、「ソースとオニオンとピクルス多め」とオーダーしてみると、今までは待っていたソースが、向こうのほうからやって来るではないか! これはなんという幸せだろう!

娘がオーダーしたマスタード、オニオン、ピクルス抜きのチーズバーガーには、こんなラベルが貼られていた。レシートにも「チーズバーガー」の下にマスタード、オニオン、ピクルスの文字が。

名付けてマシマシのビッグマックのレシートには、「ビッグマックソース オオメ」、「オニオン オオメ」、「ピクルス オオメ」という記述が。

ビッグマックのワガママオーダーに感激した私には、さらなる欲望が生まれてきた。それは、箱に入って届けられるビッグマックが食べにくいということだ。そもそも手に持つだけでもレタスがこぼれて大変なのに、一度手で持ってしまったら、おちおちポテトを食べるのもままならない緊迫した状況となってしまうのだ。クルマの中で食べるときなんて、こぼれてもいい覚悟がなければ食べれないというくらい。そこで「ビッグマックを箱ではなくて、包み紙でお願いできないか?」という欲望が生じたのだ。

手で持つだけでもレタスが落ちちゃうし、手で持ったら最後、どこにも置けない緊迫した状況となる。

「箱ではなくて、包み紙でお願いできませんか?」と相談してみたところ。「はい!」と快諾! ホントかよ! マックのサービスハンパねえ!というワケで、クルマの中でも食べやすい、包み紙でビッグマックをお届けしてもらいました! ちなみにこのようなサービスは全ての店舗で行われているのかわかりませんので、オーダー時には、〇〇できませんか? と相談ベースでお話してみるのがオススメです。
あ、冒頭で娘がオーダーした「揚げ立てのポテト」も、チョットだけ待ち時間はありましたが、サックサクの揚げ立てでした。

包み紙ならレタスがこぼれても食べやすいし、どこかに置きやすいのでポテトや飲み物にも手が出せるのだ。