2022年11月10日、三菱自動車工業(以下、三菱)はクロスオーバーSUVの「エクリプスクロス」を一部改良。また、ブラックのアクセントカラーを用いた特別仕様車「ブラックエディション(BLACK Edition)」を設定。MとGリミテッドエディションは11月10日から、その他のグレードは2023年2月16日から販売を開始する。

グレード展開の見直しや快適性の向上を図る

エクリプスクロスは、RVRとアウトランダーの間に位置する、三菱のクロスオーバーSUVだ。ワールドプレミアは2017年だが、日本では2018年に発売され、2020年のマイナーチェンジでPHEVを追加。現行型は、1.5Lのガソリンターボエンジンと、2.4L+ツインモーターのPHEVをラインナップする。

今回の一部改良では、まずグレード展開を見直し、P/G/Mの3グレードに加え、特別仕様車「ブラックエディション」と「Gリミテッドエディション」を設定した。

装備面では、P/G/ブラックエディションにエレクトリックテールゲートを標準装備して利便性を高め、リアシートにシートヒーターを標準化するなど快適性を向上させた。また、エンジン車のM以外に後席充電用USBポートを新採用。後部座席でスマートフォン等のデジタルデバイスの充電が可能になり利便性を向上させた。

PHEVモデルに新たに設定されたGリミテッドエディションは、高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」、LEDヘッドライト&フォグランプなどを装備し、快適性・利便性を向上させながら、リーズナブルな価格設定とした特別仕様車だ。

さらに、ガソリンモデルではM以外のグレードにも「マイパイロット」を新採用し、高速道路での長距離走行や渋滞時において、ドライバーの負担を軽減し、ロングドライブでの快適性・利便性を向上させた。

ブラックのアクセントカラーを内外装の要所に配した特別仕様車

特別仕様車の「ブラックエディション」は、上級グレードのPをベースに、ブラックをアクセントとした上質かつスポーティな内外装とした。

エクステリアでは、前後スキッドプレート、サイドドアガーニッシュ、ドアミラーをブラックで統一し、専用ブラック塗装のアルミホイールを採用。

インテリアでは、メーターベゼルとセンターパネルガーニッシュをブラックに、ドアグリップとインストルメントパネルオーナメントをダークシルバーとし、シートやドアアームレスト、ディンプル付き本革巻ステアリングホイールにグレー系のステッチを配することで、落ち着きのある上品な空間を演出している。

快適装備でも、ハンズフリー機能や停止位置メモリー機能を備えたエレクトリックテールゲートを採用し、利便性を高めている。

今回の一部改良では、ここで紹介した以外の内外装やパワートレーンのスペックなどに関しては、変更はない。駆動方式とトランスミッションは、ガソリンモデルは全グレードでFFと4WDが選べ、トランスミッションは8速スポーツモード付きCVTのみ。PHEVモデルは、ツインモーター4WD(トランスミッションはなし)のみだ。

主なグレードと車両価格(税込)は、ガソリンモデルがM(2WD=FF)の254万2100円からP(4WD)の352万円、PHEVモデルがMの386万3200円からPの465万800円となっている。