2021年1月12日、メルセデス・ベンツ日本はGLBにメルセデスAMG GLB35 4マティックを追加すると発表。同日より予約注文を開始し、納車は1月末を予定。

メルセデスAMGの35シリーズ6番目のモデル

メルセデス・ベンツGLBのラインアップがさらに強化。Gクラスを意識した本格SUVの実力を持ちながら、広い空間で7人乗りを実現しファミリーユースにも対応するGLBに、ハイパフォーマンスモデルのメルセデスAMG GLB35 4マティック(以下GLB35)が加わった。

メルセデスAMG35シリーズの6番目となるGLB35のパワーソースは、最高出力306ps/最大トルク400Nmを発生する2L 直4 DOHCターボ。低回転域での力強く、自然なレスポンスと、中高回転域での伸びやかな加速感を両立させるため、ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブリフトシステム「カムトロニック」が採用されている。

組み合わされるミッションは、AMG スピードシフト8速DCT。全速度域でのきわめて自然な加速性能に加え、素早いシフトとシフトアップ時の最適なギアのつながりが得られるようにセッティングされ、俊敏、かつダイナミックで気持ちの良い加減速を実現したという。エグゾーストシステムにもひと味加えられている。自動制御のフラップを装備することで、選択したドライブモードに応じて、エグゾーストサウンドの切り替えを行うことができる。

足回りは、3つのモードを選択できるAMGライドコントロールサスペンションを装着。走行快適性と機敏な走りをドライバーへ同時に提供してくれるという。ブレーキシステムも、フロントに新型モノブロック対向4ピストンキャリパー&350mmディスク、リアに1ピストンフローティングキャリパー&330mmディスクが装着され抜かりない。ちなみに、シルバーペイント仕上げブレーキキャリパーにはブラックのAMGロゴが入る。

4WDシステムは、パフォーマンス志向のトルク可変配分四輪駆動AMG 4マティック。電気機械制御式で、走行状況に応じてトルク配分を前後100対0から50対50までの範囲で行う。電気機械制御式を採用した理由は、トルク配分可変範囲全体にわたってクラッチのレスポンスが速く、しかも動作が速度に依存しないため、よりシャープなドライビングダイナミクスが得られるからだという。

ドライブモードは、「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」「スリッパリー」「インディビジュアル」の5つを用意。各ドライブモードで、エンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御変更を行う。他に、各モードに自動選択される「ベーシック」、「アドバンスト」の2つの「AMGダイナミクス」のモードもあり、これはESP(横滑る防止装置)の制御を変化させる。

エクステリアデザインは、AMGラインがベースとなる。目を引くのが、ジェットウイングデザインのフロントエプロンとフロント下側に施された幅広で縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリル。

AMG専用ラジエターグリルのデザインは、1952年メキシコで開催された伝説の公道レース、カレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝したレーシングカー「メルセデス・ベンツ300 SL」由来のものだ。リアは、専用デザインのクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドが、スポーティさを演出している。

インテリアもハイパフォーマンスを意識したデザインとなっている。コックピットディスプレイは「スーパースポーツ」を含む3つのAMG専用の表示スタイルから選択可能でき、ドライバーのアドレナリンを高める役を担っている。

メルセデスAMG GLB35 4マティック車両価格(税込):737万円