2021年9月26日、F1第15戦ロシアGP決勝がソチ・オートドローモで行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが優勝。2位にはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、3位にはフェラーリのカルロス・サインツが入った。

優勝を目前にしていたノリスにとって不運の雨

前日の雨模様の予選で見事ポールポジションを獲得し、レースでも1周目の攻防でサインツに出し抜かれたものの13周目に首位を奪ってそのまま終盤まで主導権を握り続けたランド・ノリス(マクラレーン)と、絶妙のピット戦略で渋滞から抜け出してきたハミルトンの緊迫の首位争いに決着をつけたのは、残り5周を切ったところで降り出してきた雨だった。

急速に勢いを増す雨足に、インターミディエイトタイヤに履き替えるドライバーが現れる中、首位のノリスはタイムロスを嫌ってステイアウト、一方ハミルトンは50周目にピットに飛び込む。

吉と出たのはメルセデスの判断の方だった。ノリスは滑りまくる路面にまったくペースが上がらずに首位陥落。そればかりか大きく順位を落としてしまう。

土壇場で首位に立ったハミルトンはそのまま危なげなくフィニッシュ、今シーズン5勝目を達成した。通算では節目の100勝目となったハミルトンは「ランドは速くて抜くのは厳しいと思っていたけど、すごくいいタイミングでピットに呼んでくれた」とピットの好判断に感謝。これでフェルスタッペンを抜き、再びドライバーズ選手権ポイントリーダーとなった。

渋滞に苦しんだフェルスタッペン、最後に2位浮上して「被害最小限」に

前日の予選を前にした交換で規定数以上のパワーユニット使用数に達したため、最後尾スタートとなったフェルスタペンは、レース中盤までにポイント圏内まで浮上。しかし、そこから先は先行車群の渋滞にハマって上位に浮上できず、逆にタイヤを痛めてペースを落とさざるを得ない状況でレース終盤を迎えていた。

そのまま7位でフィニッシュかという苦しい状況を変えたのはやはり雨。レッドブル陣営は抜群のタイミングでフェルスタッペンをピットに戻して素早くインターミディエイトタイヤに交換。これが奏功して混乱する終盤で一気に2位に浮上してレースを終えた。

「最後尾スタートだったから、昨晩はこんな順位でフィニッシュできるとは思っていなかった。レースではいろんなことがあって、一度渋滞に入ったら抜けない状況で厳しかったけど、雨とチームに助けられた」とフェルスタッペンは望外の結果に満足気な表情。

ポイントリーダーの座は失ったものの、ハミルトンとのポイント差はわずか2点と、パワーユニット交換でのペナルティによるダメージを最小限に抑える上々の結果となった。

次戦第16戦トルコGPは、10月8日、イスタンブールパークで開幕、10月10日に決勝が行われる。

●2021年F1第15戦ロシアGP決勝 結果

1位44 L.ハミルトン(メルセデス)53周
2位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)+53.271s
3位 55 C.サインツ(フェラーリ)+62.475s
4位 3 D.リカルド(マクラーレン・メルセデス)+65.607s
5位 77 V.ボッタス(メルセデス)+67.533s
6位 14 F.アロンソ(アルピーヌ・ルノー)+81.321s
7位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)+87.224s
8位 7 K.ライコネン(アルファロメオ・フェラーリ)+88.955s
9位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)+90.076s
10位 63 G.ラッセル(ウイリアムズ・メルセデス)+100.551s
・・・・・・・・・・・・・
13位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)+1周
17位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)+1周

●2021年F1ドライバーズランキング(第15戦終了時)

1位 L.ハミルトン(メルセデス)246.5
2位 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) 244.5
3位 V.ボッタス(メルセデス) 151
4位 L.ノリス(マクラーレン・メル セデス) 139
5位 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)120
6位 C.サインツ(フェラーリ) 112.5
7位 C.ルクレール(フェラーリ) 104
8位 D.リカルド(マクラーレン・メルセデス)95
9位 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)66
・・・・・・・・・
14位 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)18

●2021年コンストラクターズランキング(第15戦終了時)

1位 メルセデス 397.5
2位 レッドブル・ホンダ 364.5
3位 マクラーレン・メルセデス 234
4位 フェラーリ 216.5
5位 アルピーヌ・ルノー 103
6位 アルファタウリ・ホンダ 84