2022年6月11日、 F1第8戦アゼルバイジャンGP予選がバクー市街地サーキットで行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得した。2番手はセルジオ・ペレス(レッドブル)、3番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)となった。角田裕毅(アルファタウリ・レッドブル)は8番手。

絶好調ルクレール、4戦連続、今季6度目のポール獲得

フェラーリとレッドブルの一騎討ちとなった予選Q3で、フェラーリのルクレールが驚愕の速さを見せつけた。

Q3最後のアタックは、フェラーリのカルロス・サインツがタイムを伸ばせない中、ルクレールがとんでもないペースで区間タイムを次々に更新して1分41秒359をマーク。逆転を狙ったペレスは0.282秒届かず2番手、フェルスタッペンは3番手にとどまった。Q3最初のアタックでトップに立っていたサインツは4番手となっている。

予選は完全にこの4人による戦いで、5番手のジョージ・ラッセル(メルセデス)は4番手のサインツに0.898秒も離された。復調の兆しを見せるメルセデスだが、ルイス・ハミルトンはさらに後ろの7番手と、まだポールポジション争いに加われない状況だ。

一方、アルファタウリは好調で、ピエール・ガスリーがハミルトンを抑えて6番手、角田裕毅は8番手につけている。

タイヤを供給するピレリは「理論上、最速の戦略は明らかに1ストップです。ただどのタイヤを選択するかはさまざまなオプションがあります。ミディアムタイヤでスタートしてハードに交換するとピット戦略に余裕が生まれますが、ソフトタイヤを使用する戦略もあるでしょう。問題はセーフティカーです。セーフティカーは戦略を大きく変更させるでしょう。興味深いのは、多くのチームが2セットのハードタイヤを残していることです。アゼルバイジャンでは思いがけないことが起こります。それに備えて逆転を狙っているチームもあるでしょう」と分析している。

チャンピオン争いに目を向けると、予選で圧倒的な速さを見せるルクレールだが、ランキングではフェルスタッペンがトップに立ち、ペレスもルクレールと6点差につけるなど、シーズンは三つ巴の戦いになりつつある。

さて第8戦アゼルバイジャンGPはどうなるか。この3人の戦いはどんな結果となるのか。決勝(51周)は日本時間6月12日20時(現地15時)に開始される。

●2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP予選 結果

1位 16 C.ルクレール(フェラーリ)1:41.359
2位 11 S.ペレス(レッドブル) 1:41.641
3位 1 M.フェルスタッペン(レッドブル) 1:41.706
4位 55 C.サインツ(フェラーリ) 1:41.814
5位 63 G.ラッセル(メルセデス) 1:42.712
6位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・レッドブル)1:42.845
7位 44 L.ハミルトン(メルセデス) 1:42.924
8位 22 角田裕毅(アルファタウリ・レッドブル)1:43.056
9位 5 S.ヴェッテル(アストンマーティン・メルセデス) 1:43.091
10位 14 F.アロンソ(アルピーヌ・ルノー) 1:43.173

●2022年F1ドライバーズランキング(第7戦終了時)

1位 M.フェルスタッペン(レッドブル)125
2位 C.ルクレール(フェラーリ)116
3位 S.ペレス(レッドブル)110
4位 G.ラッセル(メルセデス)84
5位 C.サインツ(フェラーリ)83
6位 L.ハミルトン(メルセデス)50