ハイブリッドから、電気自動車へシフトしようとしている昨今、クルマは自動車メーカーだけが作るものではなくなってきている。とはいえ、ロードスターの魅力を知ってしまったら、最新のエコカーを選択する気にはなかなかなれない・・・。そこで実現したのが、「初代ユーノス ロードスター(NA型)がEVだったら!?」という夢のような組み合わせである。このEVロードスターに試乗した模様をレポートする。

V8エンジン並みのトルク感がある130psのモーターを搭載

NAチューンも、あらかた行き着くところまで来た。なにか、今までとは違った切り口で、カスタムの提案ができないか? と、日々考えていたS2レーシングの菅原さん。そんな時、たまたまビートルをベースにしたEVを造っているOZ(オズ)コーポレーションを知った。

近所だったこともあり、OZ代表の古川さんに「ロードスターでEVをやりませんか?」と相談してみたところ、以前にNAロードスターのEVを製作したことがあるとの返事が・・・。そんな経緯でNAチューンに新しい風を吹かせるべく、EVロードスターのコラボ企画がスタートした。

外観はS2レーシングならでは、クラシカルな「コードネーム タイプF」をチョイス。このエアロは1950年代のクラシックスタイルをイメージして製作されたものだ。アメリカンコブラといわれ、現在も人気のキットである。

NAロードスターの代名詞でもあるリトラクタブルヘッドライトを廃した専用のボンネットを使うことで、フロントマスクとフェンダーを一体化し、美しいラインを描くルックスに仕上がっている。ボディは純正のクラシックレッドにオールペンされ、レーシングストライプがスポーティな雰囲気を醸し出している。

搭載するEVシステムには、130psのDCブラシモーターを使用。初期トルクが大きいモーターはV8エンジン並みのトルクを発生するので、まるで大排気量車に乗っているような感じだという。

本来ならEVはトランスミッションを必要としないはずだが、このクルマにはDCブラシモーターに専用のアダプタープレートを装着することで、純正の5速マニュアルトランスミッションをそのまま利用しているのだ。

日産リーフのバッテリーセルを使用した電池モジュールは、ボンネットとトランクに配置され、満充電で約100km走行できる。環境性能が重視されがちなEVだが、楽しいクルマを提案できるベースとして、オープンカーのロードスターは最適だろう。新しいカテゴリーとしてEVコンバートを注目していきたい。

鮮やかなストライプが入るボンネットにはダクトが設けられているが、これはモーターのブラシ冷却に利用される。トランクには2つの電池モジュールが設置されるが、なるだけ車体の中央寄りの低い場所に置くなど、運動性能にも配慮されている。未体験のロードスター、どんな走りを披露してくれるのか。

EVなのに3速発進? ギアチェンジが必要なの!?

EVロードスターについに試乗!でも試乗前に注意されたことがある「3速発進すること」。これはモーターのトルクが大きいので、1速でスタートするとクラッチに負担がかかりすぎてしまうからだ。電気自動車にクラッチペダルがあるだけでも斬新、もしかして未来のEVスポーツカーのトレンドになるかも。

もうひとつアドバイスされたのは「半クラがないよ」という意味深な発言に少し戸惑いながら運転席についた。恐る恐るクラッチペダルを踏んで3速に入れてスタートさせる。クラッチペダルを徐々に離しながらアクセルペダルを踏み込んでもなかなか動かない。

かなりアクセルペダルを踏み込んだところから、スルスルと音もなく走り出す。クラッチがつながる位置がまったくわからないだけでなく、つながった感覚すらないのだ。つまり「半クラがない」という意味はこのことだったのだ。

クラッチの役目は変速時に駆動を切るためだけで、一度ギアがつながってしまえば完全にAT感覚で走れてしまう。街中では3速と4速しか使わないのでATのような感覚で快適に走れる。今回は街中だったのでスピードは出せなかったが、アクセルペダルを踏み込めば、ロードスターらしからぬ加速が味わえる。その加速は、まるでターボが効いた時のような感覚で、NAロードスターとはまったく別物でとにかく速い!

信号待ちで停車していると、足元から時々聞こえてくるウィーンというサウンド。これはなんだろうと思ったらブレーキのバキュームポンプの音だった。通常エンジン車は、エンジンのインテークマニホールド内のバキューム(真空)と大気との気圧差を利用してマスターシリンダーのロッドへ力を加える構造だが、エンジンのないEVはポンプ使ってそれを代用させているのだ。

やるじゃん、EVロードスター! 次世代でも楽しく走れるヒントが、ここにある気がした。ちなみに500万円をメドに、販売にも対応しているそうだ。