2022年7月10日日曜日、 F1第11戦オーストリアGP決勝がシュタイアマルク州シュピールベルグのレッドブルリンクで行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールが優勝、2位にレッドブルのマックス・フェルスタッペン、3位にルイス・ハミルトンが入った。レッドブルのセルジオ・ペレスはスタート直後の接触からかトラブルに見舞われてリタイア。アルファタウリの角田裕毅は16位だった。

フェラーリが速さで圧倒、ルクレールが久々の3勝目

金曜日の予選、土曜日のスプリントレースでこそフェルスタッペンの後塵を拝したフェラーリのルクレールだが、決勝では完璧なレース運びで、第3戦オーストラリアGP以来となるシーズン3勝目を挙げた。

スタート直後はグリッドどおりの2番手を走行していたルクレールだが、ミディアムタイヤの熱ダレ具合はフェラーリよりもレッドブルの方がひどく、急激に差を詰めたルクレールは12周目にフェルスタッペンを抜いて首位に立つ。

その後、1回目のタイヤ交換、2回目のタイヤ交換ともに、フェラーリの方がスティントを伸ばしてレースを優位に展開。終盤ルクレールのマシンにスロットルのトラブルが出たものの、深刻な状況に発展することなくそのままチェッカーに飛び込んだ。

ここまで不運が続いて優勝は久々となるルクレールは、「最後までクルマが無事で良かった。最初からペースが良かったし、フェラーリが強いってことを再び見せられて良かった」と笑顔だった。

完敗フェルスタッペン、2位キープが精一杯

一方、速さでフェラーリに及ばなかったフェルスタッペンは「ミディアムとハード、どちらのタイヤでも苦しかった。すぐにタレてしまってペースが上がらないんだ」と、レース後のコメントとは裏腹にすっきりした表情だった。

幸いだったのは、2位を奪われそうだった終盤の57周目にフェラーリのカルロス・サインツがパワーユニットトラブルでストップしたこと。これで出されたバーチャル・セーフティカー時に交換したミディアムタイヤで最速ラップも記録し、勝者ルクレールに対するダメージを最小限に留めることができた。

これでフェルスタッペンとルクレールとのポイント差は38点。「シャルルとの厳しい戦いはこれからも続くと思う」と、王者は気を引き締めた。

次戦第12戦フランスGPは、7月22日、南フランスのポール・リカール・サーキットで開幕。決勝レースは7月24日に開催される。

●2022年F1第11戦オーストリアGP決勝 結果

1位 16 C.ルクレール(フェラーリ)71周
2位 1 M.フェルスタッペン(レッドブル)+1.532s
3位 44 L.ハミルトン(メルセデス)+41.217s
4位 63 G.ラッセル(メルセデス)+58.972s
5位 31 E.オコン(アルピーヌ・ルノー) +68.436s
6位 47 M.シューマッハー(ハース・フェラーリ) +1周
7位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス) +1周
8位 20 K.マグヌッセン(ハース・フェラーリ) +1周
9位 3 D.リカルド(マクラーレン・メルセデス) +1周
10位 14 F.アロンソ(アルピーヌ・ルノー) +1周
・・・・・・・・・・・・・
15位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・レッドブル)+1周
16位 22 角田裕毅(アルファタウリ・レッドブル +1周
リタイア 11 S.ペレス(レッドブル)
ファステストラップ: 1 M.フェルスタッペン(レッドブル)1:07.275

●2022年F1ドライバーズランキング(第11戦終了時)

1位 M.フェルスタッペン(レッドブル)208
2位 C.ルクレール(フェラーリ)170
3位 S.ペレス(レッドブル)151
4位 C.サインツ(フェラーリ)133
5位 G.ラッセル(メルセデス)128
6位 L.ハミルトン(メルセデス)109

●2022年F1コンストラクターズランキング(第11戦終了時)

1位 レッドブル 359
2位 フェラーリ 303
3位 メルセデス 237
4位 マクラーレン・メルセデス 81
5位 アルピーヌ・ルノー 81
6位 アルファロメオ・フェラーリ 51
7位 ハース・フェラーリ 34
8位 アルファタウリ・レッドブル 27