2022年4月21日、スズキはハイブリッドシステムを搭載したコンパクトSUV「エスクード」を発表、同日販売を開始した。エスクードは2021年9月に販売終了となっていたが、最新のハイブリッドシステムを搭載しての復活となった。

スズキ自慢の四輪制御システム「ALLGRIP」を組み合わせる

新型エスクードに搭載されるハイブリッドシステムは、システムの電圧、リチウムイオンバッテリーの容量、モーターの最高出力、最大トルクを最適化した最新仕様。EV走行が可能な時間や速度の範囲を拡大し、WLTCモード走行での燃費19.6km/Lを実現した。また、ブレーキをかけたときに効率よくバッテリーが充電できる回生協調ブレーキ、後退時のEV走行をスズキとして初採用している。

パワートレーンは、燃費性能と力強さを兼ね備えたK15Cデュアルジェット(1.5L直4)エンジンと、動力伝達の効率さで有利なシングルクラッチ式の6速AMT(6速AGS)をトランスミッションに、高出力のモーター、そしてスズキ自慢の四輪制御システム「ALLGRIP」を組み合わせる。

2015年にデビューした4代目エスクードが「ハイブリッドシステムを搭載して復活」したことになるが、デザインは新たにヘッドライトやアルミホイールなどの意匠を変更されている。また、インテリアではマルチインフォメーションディスプレイにハイブリッド関連の表示を追加したほか、シフトノブの加飾をサテンメッキオーナメントに変更した。

安全装備も進化、デュアルセンサーブレーキサポートが認識した道路標識を表示する標識認識機能[車両進入禁止、はみ出し通行禁止、最高速度]が追加されている。

モノグレードの構成で、車両価格は297万円。目標販売台数は年間1200台。

●スズキ エスクード 主要諸元

●全長×全幅×全高:4175×1775×1610mm
●ホイールベース:2500mm
●車両重量:1320kg
●エンジン:直4 DOHC+モーター
●総排気量:1460cc
●最高出力:74kW(101ps)/6000rpm
●最大トルク:132Nm/4400rpm
●モーター最高出力:24.6kW(33.4ps)/5500rpm
●モーター最大トルク:60Nm/100−2000rpm
●トランスミッション:6速AGS
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー・47L
●WLTCモード燃費:19.6km/L
●タイヤサイズ:215/55R17
●車両価格(税込):297万円