「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、フォルクスワーゲン アップ!だ。

フォルクスワーゲン アップ!(2011年:ニューモデル)

フォルクスワーゲンのコンパクトカー、up!(アップ!)。この、待ちに待ったモデルが、ようやく世に送り出される。多くの人が、このクルマに恋焦がれた理由は、見た目の可愛さだけではなく、内蔵される最新のメカニズムの両方にある。

全長は軽自動車並みの3.5mあまり、全幅は1.65mで全高は1.5m足らずというコンパクトなボディに、おとな4人のための空間と251Lのラゲッジスペースを確保すべく、車両の四隅にタイヤを押しやって、前後のオーバーハングを極端に縮めた。

デザイン部門を率いるヴァルター・ダ・シルヴァは、アップ!に、フォルクスワーゲンの一族に共通する大型フロントランプと水平基調のフロントビュー、抑揚あるサイドビューとフロントからリアに流れるラインを与えて、愛嬌ある可愛らしさと均整のとれた美しさを両立させた。

見た目が可愛いだけではなく、脱いでも・・・ではなくて、中身もすごい。シャシ、エンジン、プラットフォームのすべてがオリジナルで、二酸化炭素(CO2)排出量は100g/km以下、走行速度が30km/h以下で障害物を発見すると機能する自動ブレーキが設定されるなど、環境性能も安全性能もクラス随一だ。

走りは楽しい。しかも静粛性も優れている

しかも、見た目から想像する以上に、走ってみると、もっと楽しい。「ムーブ アップ!」というグレードに搭載される1Lの3気筒エンジンのパワースペックは、最高出力60ps/最大トルク95Nmとけっしてパワフルとはいえないが、最大トルクの90%を2000rpmから発揮するため、中低速域からのトルクのピックアップは秀逸だ。

カチッとダイレクトな操作感の5速MTを駆使して操れば、街中を走る分には文句のつけようがないパフォーマンスを発揮する。上級グレードの「ハイ アップ!」は同排気量ながら75ps/95Nmを発生するエンジンを搭載しており、加速時のフィーリングが滑らかで高速走行に向いている。

静粛性の高さと乗り心地の良さにも驚いた。バランサーシャフトなしで、これほど静かな3気筒エンジンはかつてないといえるだろう。厚さ1.8mmの高張力鋼鈑で作られたサブフレームが高い剛性を保ち、ストラットタワーに直付けされたスタビライザーが応力を吸収することで、フロントの足まわりの剛性感が高く、乗り心地も向上させている。

これだけの魅力を備えて本国での価格が9850ユーロ(編集部註:当時のレートで約100万円)からという設定を考えると、ますます日本への上陸が待ちきれなくなってくる。(編集部註:アップ!は2012年から日本導入されました)

●フォルクスワーゲン up! ハイアップ!(日本仕様) 主要諸元

●全長×全幅×全高:3545×1650×1495mm
●ホイールベース:2420mm
●車両重量:920kg
●エンジン:直3 DOHC
●総排気量:999cc
●最高出力:55kW(75ps)/6200rpm
●最大トルク:95Nm(9.7kgm)/3000-4300rpm
●トランスミッション:5速セミAT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:プレミアム・35L
●JC08モード燃費:未発表
●タイヤサイズ:185/55R15
●当時の車両価格(税込):183万円