2022年9月29日〜10月2日、WRC(世界ラリー選手権)第11戦ラリー・ニュージーランドが北島の中心都市オークランドを起点に開催され、トヨタのカッレ・ロバンペラが優勝。同じくトヨタのセバスチャン・オジェが2位、ヒョンデのオィット・タナックが3位に入った。この結果、ロバンペラは残り2戦を残して初のドライバーズ選手権タイトルを確定させた。日本の勝田貴元は土曜日に転倒しリタイア、今季初の無得点に終わっている。

ロバンペラ快勝、最年少王座決める

2012年以来、10年ぶりの開催となったニュージランドでのWRCは雨模様。この難しいコンディションで22歳のロバンペラが真骨頂を見せ、史上最年少での世界チャンピオン獲得を決めた。

まだルーズなグラベルの多かった金曜日午前中のステージでは先頭スタートの不利が出てタイムが伸び悩んだが、コンディションの良かったSS6でこのラリー初のベストタイムを刻んで反撃開始。

この日の夜には木曜夕刻のSS1でステージ距離に比例して定められているハイブリッドブーストの規定放出量をオーバーしていたとして5秒のペナルティ(トヨタ側はFIAセンサーの誤差だったなどの主張をしたが認められず)を受けたものの、ヘビーウェットのコンディションとなったSS9で首位に立つと、午後も得意の滑りやすいコンディションで2度のベストタイムを刻んで差を広げて首位固め。日曜日の最終日のパワーステージも制する“完全制覇”で初タイトルに華を添えた。トヨタにとっては、4年連続のドライバーズ王座獲得となった。

フィニッシュ後のロバンペラは車から降りると、WRCトップドライバーで自身に英才教育を施してくれた父ハリと熱く抱擁。「すごくいいシーズンだったから、こんなにいいかたちで目標を達成できてすごくほっとしている。信頼性が高くすごく速い車を作ってくれたチームに感謝したい。彼らは厳しい時にも僕を信頼してくれた。もちろん、日本からのサポートや、キャリアの初期に僕を支えてくれたスポンサーや友人にもありがとうと言いたい」と笑顔を弾けさせた。

まさかの二重ミスで、タナック“終戦”

わずかな数字上の可能性ながら、逆転王座の目を残していたタナックが、チームが引き起こしたまさかの人為的ミスに沈んだ。

まず金曜日、タナックは首位で終えたはずだったが、ロバンペラ、チームメイトのティエリー・ヌービルと同様にSS1でのハイブリッドブーストの規定放出量オーバーが発覚し、5秒ペナルティを受けて2番手に後退。

トヨタとは違い、ヒュンダイの2台が規定量をオーバーしたのは、チームがラリー直前にSS1のハイブリッドブースト規定放出量が変更されていることに気づかなかったという、凡ミスによるものだった。

さらには、このミスを指摘されたチームが、やはりラリー直前にハイブリッドブースト規定放出量が変更されていた別のステージ用のセッティングを変更したところ、再走ステージの方の変更を忘れるという大失態。

2度目の違反ということで10秒のペナルティを受け、これがトヨタの1-2フィニッシュを許す結果となってしまった。

ヒョンデの体制に不満を持ち、他チームへの移籍を模索していると噂されるタナックはラリー終了後、「トヨタはすごく強く、カッレは素晴らしかった」と冷静にライバルを称えた。

次戦第12戦ラリー・カタルーニャは10月20日から10月23日、南部のサロウを起点に開催される。

●■2022年 WRC第11戦ラリー・ニュージーランド 結果

1位: K.ロバンペラ(トヨタ GRヤリス ラリー1)2h48m01.4
2位: S.オジェ(トヨタ GRヤリス ラリー1)+34.6s
3位:O.タナック(ヒョンデ i20 N ラリー1)+48.5s
4位:T.ヌーヴィル(ヒョンデ i20 N ラリー1)+1m58.5s
5位: O.ソルベルグ(ヒョンデ i20 N ラリー1)++3m55.3s
6位:H.パッドン(ヒョンデ i20 N ラリー2)+10m03.7s
7位:L.ベルテリ(フォード・プーマ ラリー1)+10m39.0s
8位:K.カエタノビッチ(シュコダ ファビア ラリー2 エボ)+12m36.8s
9位:C.ヴァン・ギスバーゲン(シュコダ ファビア ラリー2 エボ)+13m28.8s
10位: H.ベンツ(シュコダ ファビア ラリー2 エボ)+16m51.6s
****
リタイア 勝田貴元(トヨタ GRヤリス ラリー1)

●■2022年 WRCドライバーズランキング(第11戦終了時)

1位 K.ロバンペラ(トヨタ) 237
2位 O.タナック(ヒョンデ)173
3位 T.ヌーヴィル(ヒョンデ)144
4位 E.エバンス(トヨタ)116
5位 勝田貴元(トヨタ)100
6位 C.ブリーン(Mスポーツ フォード)77

●■2022年 WRCマニュファクチャラーズランキング(第11戦終了時)

1位 トヨタ 455
2位 ヒョンデ 374
3位 Mスポーツ フォード 224