2022年11月10日、BMWジャパンはMINI クロスオーバー PHEVをベースに限定ボディカラーやレザーシートなどハイグレードな仕様を施した特別仕様車「アルバートブリッジ エディション(Albert Bridge Edition)の販売を開始。デリバリーは12月以降を予定している。

限定のボディカラーやレザーシートなどを特別装備

MINI クロスオーバーは、2代目モダンMINI ファミリーの4番目のモデルとして初代が2011年に登場。現行型は2017年に3代目モダンMINI ファミリーに追加設定された2代目で、2020年にマイナーチェンジでエクステリアデザインを洗練させ、機能性を向上させている。

今回の特別仕様車は、英国ロンドンのテムズ川に掛かる趣のあるアルバート橋が車名の由来だ。この橋は、夜にはたくさんのライトで彩られ、ロンドンの名所のひとつとなっている。MINIの全モデルは、2030年代に電気自動車にすることを目指しているが、プラグインハイブリッド モデルの特別仕様車、「MINI クロスオーバー アルバートブリッジ エディション PHEV」を、現行モデルから電気自動車への架け橋となるモデルと位置付け、モデル名にアルバード橋の名前を取り入れている。

ベース車はMINI クーパーSE クロスオーバー ALL4で、エクステリアは、MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブルで人気のある「ルーフトップ グレー」を特別に装備。ブラックルーフ、ブラックミラーキャップ、ピアノブラック エクステリアとのコンビネーションで、都会的かつスポーティな印象としている。

インテリアは、MINIクラブマン専用シートとして人気を博したレザー チェスター インディゴブルーを特別装備。深く美しいブルーがドアトリムやダッシュボードのアクセントストリップと連動し、インテリア全体に一体感をもたらしている。

イルミネーションや上級レザーで「特別感」を演出

サーフェスにはMINI Yours インテリアスタイル シェーデッドシルバー イルミネーテッドを採用。ダッシュボードを彩るイルミネーションが、上質な室内空間を演出してくれる。この特別仕様車専用デザインパーツとしては、専用バッジを施したフロアマットやエンブレム入りのドアシルを装備し、さらに、上質なナッパレザーを用いたステアリングのスポーク下部にも「ALBERT BRIDGE EDITION」の名を冠している。

運転支援システムでは、前車接近警告機能、衝突被害軽減ブレーキ、レーンディパーチャー ウオーニング機能を標準装備。また、ストップ&ゴー機能付きのアクティブ クルーズコントロール、パークディスタンス コントロール(前後)や縦列駐車をサポートするパーキングアシストなども備え、安全性をさらに向上させている。

さらに、Apple CarPlayでiPhoneの画面をMINIのセンターディスプレイに表示して、タッチ操作でGoogleマップやiPhone純正マップを使ったり、電話やメッセージの送受信をすることができる。またMINI APP接続など、インテリジェントなコミュニケーション機能も多数装備している。

パワートレーンは1.5Lの直3ガソリンターボエンジン+モーター+6速ATで、4輪を駆動。ハンドル位置は右のみとなっている。車両価格(税込)は、559万円。