2021年もコロナ禍の影響を受けたものの、さまざまなニューモデルが登場した。そこで年末年始特別企画として、Webモーターマガジンの連載企画「写真蔵」で紹介した人気ニューモデル トップ10をカウントダウンで紹介しよう。第6位は、スズキの軽乗用車「ワゴンRスマイル」だ。(2021年1月1日〜2021年12月20日のPVを集計)

第6位:スズキ ワゴンRスマイル(2021年9月10日発売)

ワゴンRスマイルは、ワゴンRの伝統的な特徴である広い室内空間と高い機能性に、スライドドアの利便性を個性的なデザインを兼ね備えたニューモデルだ。

「マイスタイル マイワゴン」をデザインテーマとしたスタイルは、四角いボディに丸目ヘッドランプなど、シンプルで愛着がわくアレンジが魅力だ。全高はワゴンRより65mm高く、スペーシアと同等の開口幅(600mm)とリアステップ地上高(335mm)のスライドドアを採用して、乗降性に優れている。

インテリアは、豊かな丸みを持つインパネ天面や柔らかな造形のカラーパネルが特徴的。車高を高めたぶんヘッドクリアランスは拡大され、使い勝手の良いシートアレンジはワゴンRから継承されている。

パワートレーンはハスラーやワゴンRで定評のあるR06型自然吸気エンジンのほか、上級グレードではマイルドハイブリッドも採用している。デュアルカメラブレーキサポートを搭載した「スズキ セーフティサポート」を全車に標準装備するなど、安全装備も充実。

「スライドドアの軽自動車が欲しいけれど、ハイトワゴンまでは要らない」というユーザー予備軍には、格好のモデルとなりそうだ。(写真:永元秀和)

●■ワゴンRスマイル ハイブリッドX 主要諸元

●全長×全幅×全高:3395×1475×1695mm
●ホイールベース:2460mm
●車両重量:870kg
●エンジン:直3 DOHC+モーター
●総排気量:657cc
●最高出力:36kW(49ps)/6500rpm
●最大トルク:58Nm(5.9kgm)/5000rpm
●モーター最高出力:1.9kW(2.6ps)/1500rpm
●モーター最大トルク:40Nm(4.1kgm)/100rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:レギュラー・27L
●WLTCモード燃費:25.1km/L
●タイヤサイズ:155/65R14
●車両価格(税込):159万2800円