2022年5月20日、ベントレーモーターズジャパンは、5月10日(英・現地時間)にワールドプレミアされたベンテイガのロングバージョン「ベンテイガEWB」の日本導入を発表。特別仕様車の「EWBアズール・ファーストエディション」は、受注開始から12カ月間の期間限定販売となる。

ベントレーのクラフトマンシップが注ぎこまれたファーストエディション

ラグジュアリーSUVの代表格ベントレー ベンテイガのロングバージョンとして、[2022年5月10日(英・現地時間)にワールドプレミアされた「ベンテイガ EWB」]。ミュルザンヌの後継とも目されているようで、まさに至高の域に達したSUVといえるのではないだろうか。

そのベンテイガ EWBがいよいよ日本の地を踏むこととなった。そして、これを記念して登場したのが「ベンテイガ EWBアズール」グレードをベースにした特別仕様車「EWBアズール・ファーストエディション」だ。

まず目に付くのが、ファーストエディションのバッジだ。エクステリアに施されるのはもちろんだが、インテリアのインパネやシートにも刺繍される。しかも、シートにはファーストエディションだけのコントラストステッチと刺繍を施され、フロントパネルとウエストレール、リアドアのパネルには、厚さわずか0.075mmのハンドクラフトのメタルオーバーレイが配される。クラフトマンシップが光る。

22インチ10本スポークディレクショナルホイールやブライトロアバンパーグリルも、ファーストエディションならではの特別な仕様だ。他にもキルティングシートをはじめ、ムードライティング、ステアリングホイールヒーター、運転支援機能などが標準装備される。

乗客を向かい入れるライトアップされたトレッドプレートも優雅だ。リアドアは、電動ボタンひとつで閉まる。そして車内には、30色のLEDライトがハンドクラフトのキルティングレザートリムの小さなパーフォレーション(孔)を通して輝くダイヤモンドイルミネーションが標準で装備される。世界最高のサウンドシステムといわれるネイム・フォー・ベントレー(1720W/スピーカー20個)も搭載され、美しい色彩と音色が乗客に至福の時を与えてくれるだろう。

また、オプションとしてリアエンターテインメントシステムが用意される。後席の乗員がモバイルデバイスのコンテンツを、フロントシートの背面にある10.1インチスクリーンにストリーミングできるというものだ。

ボディカラーは標準の16色に特別色を加えて合計60色以上を用意、2トーンカラーの選択も可能だ。インテリアをさらにグレードアップするために、ハイグロスウッドを含むすべてのパネルを使った加工も行えるという。

このファーストエディションはひとつのグレードとしてラインナップするのではなく、ベンテイガ EWBアズール(車両価格:3018万円)のオプション扱い。プラス200万円に設定されて、合計すると3218万円となる。

ベントレー ベンテイガ EWB ラインナップ

ベンテイガ EWB:2675万円
ベンテイガ EWBアズール:3018万円
ベンテイガ EWBアズール・ファーストエディション:3218万円(受注から限定12カ月の販売)

EWBアズール ファーストエディション 主要装備

ベントレーダイヤモンドイルミネーション
ファーストエディションコントラストステッチ
ファーストエディションエンブレム
ファーストエディション外装バッジ
ファーストエディションフェイシアバッジ
LEDウェルカムランプ
ウッドにメタルオーバーレイ
ネイム・フォー・ベントレー(Naim For Bentley)