2021年2月24日、アウディ ジャパンはプレミアムコンパクトSUVのQ2シリーズを大幅刷新して、5月から正規ディーラーで販売を開始すると発表した。また、この大幅刷新モデルの日本導入記念として限定車「Q2ファーストエディション」(限定125台)が設定されることも明らかになった。

エンジンは最高出力150psの2L直4ターボ 35TFSIに一本化

アウディQ2シリーズは先進的なアウディファミリーの中でも個性的で斬新なデザインを特徴とし、ひとクラス上のモデルに匹敵する快適性や品質を備えたプレミアムコンパクトSUVとして人気のモデル。2017年のデビュー以来、日本市場でも新しいプレミアムコンパクトのジャンルを切り開いてきた。

そのQ2シリーズが4年ぶりに大幅刷新されて登場した。今回のアップデートではデザインをブラッシュアップし、シングルフレームグリルの位置を少し下げるとともにフロントセクションの横幅を強調したものとなったのが目につく。またシングルフレームグリルの上部にはアウディスポーツクワトロのイメージを受け継ぐ3分割スリットが設けられ(A1のものとは少しデザインが異なる)、開口部が拡大したフロントバンパーや5角形のモチーフを取り入れた力強い印象のリアバンパー、新デザインのリアディフューザーなどにより、存在感が高められている。

またボディカラーはアップルグリーンメタリックを含む5つの新色を設定。ブレードのカラーラインアップも一新されている。

グレード構成は「アドバンスド」と「Sライン」のふたつで、アドバンスドはシルバーのアンダーカバーを備え、サイドシルやブレードにはマンハッタングレーメタリックのコントラストペイントが施される。一方、Sラインはボディと同色のアンダーカバーとサイドシルに、セレナイトシルバーのブレードという組み合わせとなる。また、SラインにはSルーフスポイラーが備わるのが特徴となる。

インテリアではエアベントやシフトレバーのデザインを変更、ダイヤモンドペイントフィニッシュのシルバーグレーメタリックのデコラティブパネルも装着される。また、Sラインプラスパッケージを装着すれば、スポーツシート、アルミルックインテリア、マルチカラーアンビエントライティング、ステンレススチールフットペダルなどによりさらにスポーティな仕様となる。

ドライバーアシスタントシステムは、従来のアダプティブクルーズコントロール/アクティブレーンアシスト/トラフィックジャムアシストを統合した新しいアダプティブクルーズコントロール、サイドアシスト、プレセンスベーシック、ハイビームアシストがセーフティパッケージとして設定されている。

パワートレーンは新開発の1.5L 直4ターボTFSIエンジン(最高出力150ps/最大トルク250Nm)を搭載、気筒休止システムのシリンダーオンデマンド(cod)を採用して低燃費を実現する。トランスミッションは7速DCT(Sトロニック)で、駆動方式はFFのみ、日本仕様にクワトロは設定されない。

車両価格はQ2 35 TFSI アドバンスドが394万円、Q2 35 TFSI Sラインが430万円となる。(いずれも税込)

なお、このQ2の大幅刷新モデルの日本導入記念として限定車「Q2ファーストエディション」(限定125台)が設定されることになった。このモデルは 35 TFSI Sラインをベースに、コンビニエンス&アシスタンスパッケージ、ナビゲーションパッケージ、テクノロジーパッケージ、Sラインプラスパッケージ、ブラックスタイリングパッケージ、アウディスポーツ19インチアルミホール、マトリクスLEDヘッドライトダイナミックインジケーターなどをすべて標準装備している。限定車「Q2ファーストエディション」の車両価格は544万円(税込)。

Q2の大幅刷新モデルの発売は5月を予定している。