2022年6月14日、BMWジャパンはフルモデルチェンジした2シリーズ アクティブツアラーを日本デビューさせた。だが、ミニバンタイプのグランツアラーのフルモデルチェンジ情報は本国からも入ってこない。そこで、日本とヨーロッパのミニバン&MPV事情について探ってみたい。(タイトル画像はBMWジャパンのクリスチャン・ヴィードマン社長と新型2シリーズ アクティブツアラー)

日本のようなミニバン人気はないヨーロッパ市場

BMWがプレミアム コンパクトSAT(スポーツ アクティビティ ツアラー)と呼ぶ、2シリーズ アクティブツアラーは、いわゆるコンパクトMPVに相当する。2ボックスのハッチバックをベースに車高を高め、居住空間やラゲッジスペースを向上させたモデルだ。メルセデス・ベンツのBクラスが、そのライバルといえるかもしれない。

[新型2シリーズ アクティブツアラー]は従来型とサイズ的には大きく変わらないが、BMW伝統のキドニーグリルは八角形をイメージした大きなものとなり、インテリアではカーブドディスプレイやスイッチタイプのATセレクターなど、よりモダンなデザインとなった。

パワートレーンは、1.5L 直3ガソリンターボと2L 直4ディーゼルターボを搭載。トランスミッションは、いずれも7速DCTで前輪を駆動する。先進の安全装備をはじめコネクテッド機能などの快適装備も充実している。

小さな子どもがいるヤングファミリーや、子育てを終えたシニアカップル(エンプティネスター)がターゲット層だという、2シリーズ アクティブツアラー。そこでフッと思い出したのが、アクティブツアラーをベースに3列シートのミニバンとしたグランツアラーだ。

2014年に[従来型の初代2シリーズ アクティブツアラー]がデビューしたとき、「やはりミニバンは作らないのがBMWらしい」と多くの人が思ったはずが、ほぼ1年後にグランツアラーが登場し、「BMW、お前もか」と言わしめた。だが今回、グランツアラーに関してはフルモデルチェンジの情報は入ってこない。BMWジャパンのBMWブランド マネジメント ディビジョン本部長である遠藤克之輔氏に尋ねてみたところ、「現段階ではペンディングのようです」という回答だった。

これには、日本とヨーロッパではMPV市場の状況が違うことも理由のひとつに挙げられるだろう。日本では、SUV同様にミニバンも人気だ。コンパクトクラスでも、「普段は親子4人で乗っていても、休日に実家へ行って祖父母も乗せて近くのファミレスへ・・・」なんて使い方のためには、5+2であったとしても3列目シートが必要になる。

だが、ヨーロッパではこうした日本的な使い方は少なく、このクラスで3列目シートを求める層は多くない。ミニバン(ヨーロッパではモノスペースと呼ばれるほうが多いが)は、ホテルの送迎とか、パーソナルユースよりはビジネスユースに使われるほうが多い。他メーカーの話になるが、[シトロエンもミドルクラス ミニバンのグランドC4スペースツアラー(旧名:グランドC4ピカソ)]の生産を2022年7月で終了し、SUVに注力するという。

日本のMPVにはスライドドアが必需品か

やはり、世界的に続くSUVブームの影響は大きいようだ。セダンやワゴンより人と荷物を積んでも快適に走ることができるのに加えて、高い走破性を誇るSUVのほうが、ミニバンやコンパクトMPVより人気を集める。BMWが2シリーズ アクティブツアラーをSAT(スポーツ アクティビティ ツアラー)と呼んでいるのは、運動性能も重視されるヨーロッパらしいといえるだろう。

もうひとつ、日本市場ではミニバンにもコンパクトMPVにも求められる装備は、スライドドアだ。いまやミニバンはもちろん、軽自動車のハイトワゴンでもスライドドアは必需品であり、この利便性を味わってしまうと、普通のスイングドアには戻れないというユーザーも多い。日本では子どものころからスライドドアのクルマしか乗っていないため、自分のクルマを購入するときはスライドドアのクルマしか眼中になかった、という例も多く聞く。

[ルノーのコンパクトMPV、カングー]の人気が日本で高いのは、適度なサイズやスタイルの可愛さもあるが、スライドドアや観音開きのテールゲートによる使い勝手の高さもある。現行型の販売は終了し、フルモデルチェンジされた新型は2022年後半には導入されるようだが、一新したスタイルで日本での人気はどうなるだろうか。

また、[カングーの姉妹車となるメルセデス・ベンツ Tクラス]も日本導入が噂されている。カングー同様スライドドアを採用しながらメルセデス・ベンツらしいハイクオリティのコンパクトMPVは、ポスト Bクラスになるかもしれない。ただし、ドイツ本国では商用車扱いなのだが・・・。

新型BMW 2シリーズ アクティブツアラーは、本国での販売はなかなか好調だという。従来型にラインナップされていたプラグインハイブリッド車も、2022年中には本国で発表されるようだ。日本市場では微妙な立ち位置にあるが、BMWならではの走りの楽しさや充実した装備で、ファーストBMWとしてもオススメできるモデルだ。

SUVやミニバン人気の続く日本で、コンパクトMPVのイメージリーダーを目指す2シリーズ アクティブツアラーの健闘に期待したい。

●■BMW 218i アクティブツアラー 主要諸元

●全長×全幅×全高:4385×1825×1580mm
●ホイールベース:2670mm
●車両重量:1530kg
●エンジン:直3 DOHCターボ
●総排気量:1498cc
●最高出力:115kW(156ps)/5000rpm
●最大トルク:230Nm(23.5kgm)/1500−4600rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:プレミアム・54L
●WLTCモード燃費:14.1km/L
●タイヤサイズ:205/60R17
●車両価格(税込):418万円