ヒョンデ アイオニック5(Hyundai Ioniq5)
現行モデル発表日:2022年2月28日
車両価格帯:479万円〜589万円

グローバルでは高い評価。日本はどうか?

スタイリングは1974年にトリノ モーターショーで発表されたポニー コンセプトをオマージュしたもので、ハッチバックのSUVボディながら、直線を活かしてエッジを効かせた先進的ものとなっている。

モデルラインナップは、バッテリー容量が58kWhと72.6kWhの1モーター(FWD)、そして72.6kWh×2モーター(4WD)という構成。ドイツCOTYやワールドCOTYを受賞するなど世界中で高い評価を獲得している。

[▶▶▶詳しい解説はこちら ヒョンデが日本の乗用車市場に再参入。まずは2台のZEVを発表 - Webモーターマガジン __LB_BL__]

●ヒョンデ アイオニック5 主要諸元

全長:4635mm
全幅:1890mm
全高:1645mm
ホイールベース:3000mm
車両重量:1870〜2100kg
パワートレーン:1モーター(フロント)/2モーター(フロント+リア)
駆動方式:FWD/4WD
トランスミッション:1段変速機
一充電走行距離:498〜618km
乗車定員:5名

[ヒョンデ 「アイオニック5 」、世界で認められた電気自動車の実力を体感【試乗】 - Webモーターマガジン]

[【写真蔵】ヒョンデのバッテリー電気自動車「アイオニック5」は独創的なデザインが特徴 - Webモーターマガジン]