シエンタのフルモデルチェンジによって、トヨタの新世代ハイブリッド・ミニバンを巡る「愛車選び」が俄然、面白くなってきた。その違いはどうやら、ただ背が高いか低いか、だけではなさそうだ。

そもそも、チョイスに迷わなくてすむシンプルスタイルが潔い

新型シエンタの初期受注が、好調だ。ららぽーと豊洲に特設された「SIENTA DOGPARK」でお披露目された段階で、すでに2万4000台のオーダーを受けているという。

さすがに、立ち上がり時にはすでに合わせて7万台ほどのバックオーダーを抱えていたハイト系定番ミニバン、ノア/ヴォクシーには及ばないものの、大健闘と言っていい。そもそも車種展開のバリエーションだけ見ても、新型シエンタはきわめてシンプルだからだ。

基本情報としておさらいしておくと、新型シエンタのスタイリングは1種類のみ。上から「Z」「G」「X」の3グレードで構成されるが、一見してわかる大きな差別化は施されていない。たとえばすべてのグレードのタイヤサイズは185/65R15で共通化されているほか、ホイールはZ用標準タイプとG/X用標準タイプ、そしてZ/G用オプションの3種類を設定する。

もちろん最上級のZは、さすがに豪華装備が揃う。Bi-Beam LEDヘッドランプのほかターンランプ、クリアランスランプをLED化、デュアルパワースライドドアがハンズフリーで操作できたり、ハイブリッド車のシフトがエレクトロシフトマチックだったりと、随所で先進感と上質感が演出されている。

しかし、基本となるスタイルだけでも3種類が用意されているノア/ヴォクシー(ノアにスタンダードとエアロの2タイプ+ヴォクシー)と比べると、新型シエンタの個性はすっきりしていて潔い。シンプルな選択肢で2万4000台という初速は、やはり立派なものだ。

5ナンバーをキープ。カスタム系路線はモデリスタにお任せ

2022年1月、一足先に4代目にフルモデルチェンジを果たしたノア/ヴォクシーは、すべてのグレードが3ナンバー化されている。全長4695mm、ホイールベース2850mmという数値は先代から変わらないものの、全幅は1730mmある。全高は1895mm。長さ50mmのシャークアンテナを含めて、先代よりも70mm高くなった。

しかもノア×2タイプ+ヴォクシー=3車型の基本スタイルは程度こそ違えど、すべてがいわゆる「イカツい」系のシャープ感を追求している。ホイールも16インチを基本に、ノア/ヴォクシーとしては初の17インチサイズまで拡大されるなど、明らかに上級志向の変貌を遂げた。

対して、ほぼ半年遅れでフルモデルチェンジとなった3代目シエンタは、5ナンバーサイズをしっかりキープ。全高1695mmこそ20mmほど従来よりも高くなったが、4260mmの全長、1695mmの全幅は変わらない。プラットフォームはTNGAのGA-Bベースで、GA-Cベースのミニバン専用プラットフォームを持つノア/ヴォクシーと比べると、非常にコンパクトにまとめられている。

それどころか「シカクマル」シルエットのように、あえて大きく見せない方向でデザインされているのは、ストレートに大きさ=強さを見せつけたいノア/ヴォクシーと文字どおり対照的だ。いわゆるカスタム的なスタイルが設定されないことも、シエンタの温和なキャラクター性を物語っていると言えるだろう。

効率の良い空間性能、という意味ではハイト系を凌ぐゆとりを演出

開発者によれば、新型シエンタの本質にあるのは「気がねなく使えるツール感」という主張なのだという。意味するものは、そもそも身体になじんだ良質な道具というものは、人に見せて自慢する類のものではない、ということだろうか。

ノア/ヴォクシーやアルファード/ヴェルファイアのように、背の高さの大きさを誇るモデルには、ライバルを凌ぐ迫力が求められる。だが、シエンタのようにちょうどいいバランスが求められるミニバンは、「見せつける」のではなく自分なりに使って便利であり、自分にとって心地よくフィットするものであれば十二分、というスタンスなのだそうだ。

限られたサイズで確保された室内空間のゆとりも、魅力だ。ノア/ヴォクシー比で435mmも差がある全長に対して、室内長は260mmほどに短縮幅が抑えられている(7人乗り)。ホイールベース比では100mmほど短いものの、前後オーバーハングを切り詰めるなど、効率的な広さを実現しているわけだ。室内幅にいたってはあくまで数値上ながら、新型シエンタのほうが60mmほど広い。

室内高はさすがにノア/ヴォクシーより105mm低い1300mmとなるが、これも200mm低い全高を考えれば立派なゆとりが確保されている。スライドドアや荷室開口部の高さを拡大するなど、セミハイト系である新型シエンタの使い勝手は、ますますハイト系に近づいていることは確かだ。乗り込み口の高さも330mmと低めで、お年寄りや子供にも優しい。

軽くトルクフルな最新世代ハイブリッドは、燃費性能も秀逸

そしてなにより、実際に乗り、走らせた時の「優しさ」にも、新型シエンタを積極的に選ぶアドバンテージの「予感」がある。

トヨタと自慢のシリーズパラレルハイブリッドユニット「ダイナミックフォース」は、排気量こそ従来モデルと変わらないものの(厳密には6cc減)、ガソリンエンジンを直4(1NZ-FXE)から直3(M15A-FXE)にスイッチ。小型軽量化、高効率化を徹底しながら最高出力は+17ps(91ps)、最大トルクは+9Nm(120Nm)のゆとりが与えられた。

電気モーターについても19ps(80ps)が上乗せされており(トルクはなぜか-28Nm)、低速域からスムーズな加速を実現しているという。またハイブリッドモデルにもE-Four搭載の4WD仕様車が設定されたのは、朗報と言えるだろう。

もちろん1.8L直4のダイナミックフォースエンジン(2ZR-FXE)の98+95ps、142+185Nmに比べれば「非力」ではある。しかし車両重量はノア/ヴォクシーの1630〜1670kg に対して1330〜1370kgと(ハイブリッドモデル)、ほぼ300kg軽い。実際にWLTCモード燃費は、ノア/ヴォクシーの23.0〜23.4km/Lから2割以上優れた、28.2〜28.8km/Lを達成している。

なにゆえにニャンコではなかったのか、が理解できる進化ぶり

数値的な面だけでなく、実際の乗り味についても期待したい変化がある。とくに、ボディ構造についての細かな部分での創意工夫には要注目だ。

新型シエンタは、構造用接着剤やマスチック(シーリング材)に、「高剛性タイプ」と「高減衰タイプ」を使い分けたのが新しいポイント。乗員に近い部位には減衰性=しなやかさを備えた高減衰タイプを使うことで、不快な振動の伝達を抑制しているという。

同じく、ルーフパネルのシーリングにも同じく高減衰タイプを用いると、路面の段差を乗り越える時や雨天時などで、ルーフの振動を抑えて静粛性と乗り心地が向上する。そのため路面状況や天候に関係なく、高い快適性がキープされているようだ。

実は発表直後には、「どうしてニャンコではないのか」と疑問に思ったりしていた。だけれど、確かにこれは「猫」という感じではない。

総じて素直で忠実感あふれる新型シエンタは、あちらこちらに連れて行って元気に遊ばせてあげたい、気の置けないワンコ的存在だ。日々の買い物や週末のアクティビティといった、さまざまな暮らしのシーンで寄り添ってくれる存在として磨かれた「好性能」を、ぜひ実際にあれこれ試してみたいものだ。

●■シエンタ ハイブリッド Z(7人乗り) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4260×1695×1695mm●ホイールベース:2750mm●車両重量:1370kg●エンジン:直3 DOHC+モーター●総排気量:1490cc●最高出力:67kW(91ps)/5500rpm●最大トルク:120Nm(12.2kgm)/3800-4800rpm●フロントモーター最高出力:59kW(80ps)●フロントモーター最大トルク:141Nm(14.4kgm)●トランスミッション:電気式無段変速機●駆動方式:横置きFF●燃料・タンク容量:レギュラー・40L●WLTCモード燃費:28.2km/L●タイヤサイズ:185/65R15●車両価格(税込):291万円

●■参考:トヨタ ヴォクシー ハイブリッド S-Z 2WD 主要諸元

●全長×全幅×全高:4695×1730×1895mm●ホイールベース:2850mm●車両重量:1670kg●エンジン:直4 DOHC+モーター●総排気量:1797cc●最高出力:72kW(98ps)/5200rpm●最大トルク:142Nm(14.5gm)/3600rpm●フロントモーター最高出力:70kW(95ps)●フロントモーター最大トルク:185Nm(18.9kgm)●トランスミッション:電気式無段変速機●駆動方式:横置きFF●燃料・タンク容量:レギュラー・52L●WLTCモード燃費:23.0km/L●タイヤサイズ:205/55R17●車両価格(税込):367万円