2024年2月15日、メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツのプレミアムミドルサイズSUV「GLC」のスポーツモデル「メルセデスAMG GLC 63 S E PERFORMANCE」と「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC(BSG 搭載モデル)」の追加を発表。同日より販売が開始された。

システム最高出力680psのPHEV。0→100km/h加速が3.5秒

メルセデス・ベンツSUVファミリーの人気モデル、プレミアムミドルサイズSUV「GLC」にスポーツモデルが加わった。「メルセデスAMG GLC 63 S E PERFORMANCE」と「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC(BSG 搭載モデル)」の2モデルだ。

「メルセデスAMG GLC 63 S E PERFORMANCE」は、フロントに搭載された2L直列4 気筒ターボエンジンにリア搭載のの交流同期モーターとAMG 自社開発の高性能バッテリー(6.1kWh)を組みあわせたPHEV(プラグインハイブリッド)。最高システム出力680ps<500kW>/最大システムトルク1020Nmの強者で、0から100km/h を3.5秒で駆け抜ける。

駆動は、4MATIC+AMG を採用。いわゆるF1テクノロジー由来の、AMG のパフォーマンス志向連続トルク可変配分四輪駆動だ。トランスミッションは9速ATで、リア・アクスルステアリングが標準で装備される。

搭載されるバッテリー容量は6.1kWh で、満充電時でのEV走行可能距離も16km。充電は交流充電
による3.7 kW 対応となる。

ドライブモードはAMG ダイナミックセレクトと呼ばれ、「Electric」、「Comfort」、「Battery」、「Sport」、「Sport+」、「Race」、「Slippery」、「Individual」の8つのモードが用意される。それぞれの特徴は、以下のとおり。

・「Electric」モード:バッテリーが充電されていれば、停止状態から125km./hまでの走行が可能。
・「Comfort」モード:発進時のほとんどの場合電気モーターで行い、その後はエンジンとモーターを状況に応じて使用。
・「Battery」モードは、エンジンと電気モーターを状況に応じて動作しつつ、バッテリーの充電状態を一定に保つ。
・「Sport」モード:エンジンと電気モーターを使って発進し、その後は状況に応じて両者を組み合わせる。ブースト効果は65%。
・「Sport+」モード:「Sport」モードのさらに上をゆくモードで、ブースト効果80%。
・「Race」モード:サーキットトラックでの使用を前提としたモード。
。「Slippery」モード:滑りやすい路面を安全に走れるよう、パワーを落とし、トルクカーブをフラットに保つ。
・「Individual」モード:ドライブ、トランスミッション、AMG ダイナミクス、
サスペンション、ステアリング、エグゾーストシステムの設定を個別に選択して組み合わせることができる。

エクステリアは、ハイグロスクロームの縦ルーバーを備えたAMG専用フロントグリルとフロントスポイラーリップ、21インチAMGアルミホイールを採用するとともに、フロントフェンダーに専用の「TURBO E PERFORMANCE」サイドエンブレムが装着される。

そして、リアエンドにはパフォーマンスハイブリッドを示す赤く縁取られた「GLC 63 S」のエンブレムをはじめ、ボディ同色のAMGスポイラーリップ、マットブラックのリアエプロン、2つの台形のデュアルテールパイプが配され、スポーティムードを盛り上げる。

インテリアは、グリップが太く上質なナッパレザーを使ったAMGパフォーマンスステアリングや
AMG専用のドライブコントロールスイッチ、AMG専用ナッパレザースポーツシートが標準装備となる。

█メルセデスAMG GLC 63 S E PERFORMANCE 車両価格=1780万円(消費税込)

GLC初のBSG搭載モデル。走り心を刺激する内外装

次に「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC(BSG 搭載モデル)」の話に入ろう。そのパワーソースは、AMGの「One man, One engine」主義に従い熟練のマイスターが手作業で丹念に組み上げた2L直列4 気筒ターボエンジン「M139」(最高出力421ps<310kW>/最大トルク500Nm)で、そこに48VのBSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)が組み合わされる。BSGの組み合わせは「GLC」初となる。

ちなみに、このBSGはの第2世代のもので、48Vマイルドハイブリッドとしても機能する。短時間ながら出力を14ps(10kW)高めるブースト効果のほか、セーリングモードや回生ブレーキにより効率を最大限に高める。また、ECOスタートストップ機能やセーリングモードの間の切り替えが滑らかに行われることから、快適性の改善にも役立つという。

トランスミッションは9速ATで、駆動はパフォーマンス志向のフルタイム四輪駆動システムAMG 4MATICを採用。加えて、「メルセデスAMG GLC 63 S E PERFORMANCE」同様にリア・アクスルステアリングが標準で装備される。

他には、フロントに4 ピストンの固定キャリパーにドリルドベンチレーテッドディスク、リアに
1 ピストンのフローティングキャリパーにベンチレーテッドディスクのAMG強化ブレーキや、走行中に手を放すことなく各種メニュー操作が可能なAMGドライブコントロールスイッチを備えたAMGパフォーマンスステアリングが採用されている。

エクステリアは、ハイグロスクロームの縦ルーバーを備えたAMG専用フロントグリルと、左右にコの字型を描くハイグロス仕上げの大型のフリックを備えた専用デザインのフロントエプロン、「TURBO ELECTRIFIED」のサイドエンブレムが入るフロントフェンダーが、走り心を刺激する。

リアも同様に、力強く張り出したフェンダーと水平基調のリアバンパー、ツーピース構造で内部に立体感があるスリムなリアコンビネーションランプ、リアバンパーのディフューザー風リアエプロン、左右2本出しのエグゾーストパイプと抜かりはない。

インテリアには、レザーARTICO/MICROCUTスポーツシートが標準装備され、AMGレザーエクステリアパッケージを選択すると、上質なナッパレザーを採用したスポーツシートが装着される。室内を彩る「アンビエントライト」は64色から選択可能で、単色の発光に加えて色の連続変化が可能だ。

█メルセデスAMG GLC 43 4MATIC(BSG 搭載モデル)車両価格=1170万円(消費税込)