2021年9月15日、FCAジャパンは、強靭なボディと走破性を持つピックアップトラック「ジープ グラディエーター(Jeep Gladiator)」を、2021年冬に導入すると発表。また、同日より「グラディエーター特設サイト」の開設も行われた。

グラディエーターのベースはラングラー アンリミテッド

強靭なボディと高いオフロード性能が持ち味のピックアップトラック「ジープ グラディエーター(Gladiator)」が、いよいよ2021年冬に日本デビューを果たす。

グラディエーターは、ジープブランドのコンセプト「どこでも行ける、何でもできる(Go Anywhere. Do Anything)」のもと、本格オフローダー「ラングラー アンリミテッド」をベースに開発されたモデルで、2018年に北米市場で26年ぶりの復活をして以来、日本のファンからの輸入を望む声が高まっていたという。

走行性能をはじめ、各種装備、販売開始日、価格などの詳細は、2021年冬の導入時に明らかにされる予定となる。なお、それに先立ち[「グラディエーター特設サイト」]が2021年9月15日よりオープンした。

参考 ジープ グラディエーター ディーゼル 主要諸元(北米仕様)

●全長×全幅×全高:5591×1894×1905mm
●ホイールベース:3488mm
●車両重量:2294kg
●エンジン:V6 DOHCディーゼルターボ
●排気量:2987cc
●最高出力:194kW(264ps)/3600rpm
●最大トルク:600Nm/1400-2800rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:軽油・71L
●WLTP燃費:10.2-10.5km/L
●最高速:177km/h
●0→100km/h加速:8.6秒
※北米仕様