2022年11月10日〜13日、WRC第13戦最終戦ラリー・ジャパンが愛知県豊田市の豊田スタジアムを起点に愛知・岐阜エリアで開催され、ヒョンデのティエリー・ヌーヴィルが優勝。オィット・タナックが2位に入り、ヒョンデが1-2フィニッシュを達成した。トヨタ勢では、勝田貴元が故郷愛知県開催のホームラリーで3位表彰台に上がった。

相次ぐタイヤトラブル、トヨタ凱旋勝利ならず

最終戦ラリー・ジャパンを待つことなく、前戦までにドライバーズ&マニュファクチャラーズ選手権連覇を決めるなど、2022シーズンを席巻したトヨタが12年ぶりとなった日本開催のWRCで痛恨の敗戦を喫した。

まず、ラリーのオープニングとなった木曜日のショートステージで首位に立ったセバスチャン・オジェが、本格的な開戦となる金曜日朝のSS2でいきなりパンクして早くも優勝争いから脱落。

土曜日朝には僅差の3番手につけていた新王者のカッレ・ロバンペラもパンクに見舞われてこちらも優勝争いから脱落。それでも残るエルフィン・エバンスが首位を快走していたが、土曜日午後にソフトタイヤ1本を選択する賭けに出たヌーヴィルに逆転を許し、さらには首位奪回を狙った日曜日朝にパンクして万事休すとなる。

結局トヨタは優勝を狙っていた凱旋ラリーで、ヒョンデのダブルエースに1-2フィニッシュを許してしまった。ヒョンデ勢は一度もパンクに見舞われなかった。

難コンディションに苦戦も、粘った勝田が3位の殊勲

日本独特の狭くて曲がりくねった道、路面のグリップレベルの変化が激しいラリージャパンのステージで、アクシデントが多発した。

そんな中で地元の期待を背負った勝田は「初めての開催だから何が起きてもおかしくない」とラリーは荒れると予想、過度にリスクを負うことなく、かつ上位陣に何かあったらすぐに追いつけるという絶妙なペースで走行した。

最終的にはエバンスの脱落で3番手に浮上し、そのまま今季2度目のポディウムフィニッシュを達成。「たくさん応援してくれた皆さんに喜んでもらえる結果が出せてよかった」と、安堵の表情を見せた。

●■2022年 WRC第13戦ラリー・ジャパン 結果

1位:T.ヌーヴィル(ヒョンデ i20 N ラリー1)2h43m52.3
2位:O.タナック(ヒョンデ i20 N ラリー1)+1m11.1s
3位:勝田貴元(トヨタ GRヤリス ラリー1)+2m11.3s
4位:S.オジェ(トヨタ GRヤリス ラリー1)+2m23.6s
5位:E.エバンス(トヨタ GRヤリス ラリー1)+4m05.1s
6位:G.グリーンスミス(フォード プーマ ラリー1)+4m07.4s
7位:G.ミュンスター(ヒョンデ i20 N ラリー2)+7m50.8s
8位:T.スンニネン(ヒョンデ i20 N ラリー2)+8m12.4s
9位:E.リンドホルム(シュコダ ファビア ラリー2 エボ)+8m25.6s
10位: H.コバライネン(シュコダ・ファビア ラリー2エボ)+8m59.8s
**
12位 K.ロバンペラ(トヨタ GRヤリス ラリー1)+10m40.8ss

●■2022年 WRCドライバーズランキング最終結果

1位 K.ロバンペラ(トヨタ) 255
2位 O.タナック(ヒョンデ)205
3位 T.ヌーヴィル(ヒョンデ)193
4位 E.エバンス(トヨタ)134
5位 勝田貴元(トヨタ)122
6位 S.オジェ(トヨタ)97

●■2022年 WRCマニュファクチャラーズランキング最終結果

1位 トヨタ 525
2位 ヒョンデ 455
3位 Mスポーツ フォード 257