2021年10月5日、FCAジャパンはジープ コンパスにジープ80周年を記念する限定車「コンパス 80th Anniversary Edition(アニバーサリー エディション)」を設定。10月16日から285台限定で発売する。

スタイリッシュな内外装に装備を充実

コンパスは、ジープ ブランドSUVの中でレネゲードとチェロキーの間に位置するコンパクトSUVだ。初代は2006年に発表され、現行型は2016年に発表(日本発売は2017年)された2代目にあたる。

今回の限定車は、1941年に軍用車両として登場したジープが、2021年で80周年を迎えたことを記念したモデル。ジープの各モデルに80周年記念限定⾞を設定されており、[2021年6月にビッグマイナーチェンジを受けたコンパス]にも、ようやく「80th アニバーサリーエディション」が登場した。

ボディカラーには、特別設定色となるテクノメタリックグリーンP/C(限定135台:タイトル写真の車両)と、人気のグレイマグネシオメタリック(同150台)の2色を設定。先に発売された80周年モデルと同様に、ボディの随所へテーマカラーであるグラナイトクリスタルをアクセントカラーとして用いている。

エクステリアでは、フロントグリルやドアミラー、フロントバンパーインサートにグラナイトクリスタルを採用したほか、フロントフェイシアやホイールフレア、シルモールディングはボディ同色にコーディネイト。さらに18インチ アルミホイールやエクステリアバッジもグラナイトカラー仕上げとしている。

インテリアでは、ジープのオリジンである「Willys」のタグをあしらったレザーシートやブラック仕上げのヘッドライナー、特殊加工を施したドリフトウッド(流⽊)インテリアアクセントを特別装備。また、インパネやフロアマットに「80th Anniversary」ロゴが施されている。

さらに、この限定車では前後席に圧倒的な開放感をもたらすコマンドビュー デュアルペイン パノラミックサンルーフを特別装備。このほか装備はベース⾞の「リミテッド」(2.4L 4×4)に準じており、プロジェクター式LEDヘッドライトや10.1インチタッチパネルモニター付きのオーディオ ナビゲーションシステム、アルパイン プレミアムサウンドシステム、サラウンドビューカメラを搭載するなど、快適装備や安全機能を充実させている。

コンパス 80th アニバーサリーエディションの車両価格(税込)は、462万円。豊富な特別装備が充実しながら、ベース車の27万円高におさえられている。前述のようにパワートレーンは直4の2.4L DOHC+9速ATにオンデマンド方式の4WDを組み合わせる。ハンドル位置は右のみ。

●■ジープ コンパス 80thアニバーサリーエディション 主要諸元

●全長×全幅×全高:4420×1810×1640mm
●ホイールベース:2635mm
●車両重量:1905kg
●エンジン:直4 DOHC
●総排気量:2359cc
●最高出力:129kW(175ps)/6400rpm
●最大トルク:229Nm(23.4kgm)/3900rpm
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー・60L
●WLTCモード燃費:11.5km/L
●タイヤサイズ:225/55R18
●車両価格(税込):462万円